体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時速1200キロの乗り物が実現!?未来が覗ける「パイオニアーズ・アジア」レポート

欧州で最大規模のスタートアップイベント、パイオニアーズがアジア初上陸。昨年末にファイナンシャル・タイムズをグループに迎え入れたばかりの日本経済新聞社と共同主催で3月23日、「パイオニアーズ・アジア」が八芳園(東京都目黒区)で開催された。

f:id:w_yuko:20160324161143j:plain

ヨーロッパとアジアの懸け橋に

主催者側の発表によると、同イベントによるスタートアップのエントリーは70カ国、900社に到達。パイオニアーズ代表のアンドレアス・チャス氏は昨年の同日に初めて日本を訪れ、「その美しさに恋に落ちた」と語った。その反面、日本はスタートアップが急成長できるほどの活発なエコシステムが築けておらず、ヨーロッパのノウハウを提供するためにもパイオニアーズの日本での開催を熱望していたという。

「起業家精神とエコシステムの繁栄に最も重要なのは、ほかの国々との連携です。私たちはヨーロッパのエコシステムを提供することによって、アジアとの懸け橋になりたいと思っています。パイオニアーズ・アジアが最も重視しているのはコラボレーション。コラボレーションにより、イノベーション・ニーズを特定し、よいパートナーを見つけ、すばらしいアイデアやビジネスモデルを未来へとつなぐことができます。我々の専門チームがそれを手助けできることをうれしく思っています」

パイオニアーズは、著名人の講演を聞くことができる「アリーナステージ」と、ビジネスについて実践的な知識を学ぶことができる「アカデミーステージ」に大きく分かれている。ショールーム展示場ではさまざまなスタートアップの商品に触れることができ、参加者同士の出会いの場としてネットワーキングエリアが設けられていた。

f:id:w_yuko:20160324161142j:plain

時速1200キロで走る「未来の交通機関」

数ある講演の中でも注目を集めていたのが、米カリフォルニアの実業家、イーロン・マスク氏が開発する「未来の交通機関」だ。鉄道や飛行機に代わる次世代型の移動手段として、真空のコンコードを時速1200キロで走るカプセル型の乗り物「ハイパー・ループ」について、マスク氏の右腕であるダーク・アルボーン氏が登壇した。

f:id:w_yuko:20160324161144j:plain

真空であれば、空気抵抗がないため、3秒に1キロの移動を可能とする。かつ太陽や風、地熱のエネルギーを使用するため環境に優しく、オペレーションコストを下げられることから飛行機よりも安く乗れる。21世紀型のモデルタウンとして知られるクレイバレーにおけるテストコースの建設も決定し、早ければ2018年に米国で、2020年には欧州で旅客輸送が実現される。

「ハイパー・ループは、交通渋滞を解消し、移動時間を大幅に短縮することができるので、人々の生活を大きく変えることになるでしょう。都市部にこだわることなく、郊外の美しい場所で暮らすことが可能となりますし、これまで移動に費やしていた時間を、家族や大切な人たちとの時間に注ぐことができます。コンピュータによる徹底管理で、ヒューマンエラーによる事故も防ぐことができます」

ロボットに囲まれる未来社会

ロボテックスに関する座談会、「ロボットに囲まれる未来社会」では掃除や宅配などをひとに代わって行うサービスロボットが話題の中心となった。

HAXのシリル・エバーズワイラー氏は、秋葉原の10倍の規模を誇る中国の深センにおける生産システムが同社の急成長を支えていると指摘。高い技術と豊富な人材により、ほかでは1カ月以上かかってしまうようなロボットでも、深センでは1週間で出荷可能。こうしたロボットの活躍の場は、サービス、エンタメ、パーソナル、教育、ツールと分かれるが、現在最も注目を集めているのがサービスロボットである。自立して動く掃除ロボットや宅配ロボットなどがすでに実用化。人間がやると30時間かかる価格情報や在庫切れを店頭で調べる仕事が、棚をスキャンし、記録するロボットだとわずか30分で済ませることができる。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。