ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

姫路城を囲む1000本の桜 江戸時代にタイムスリップ気分

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 太古の昔から日本人に心を騒ぎ立ててきたこの花の季節がやってきた! 日本を代表する桜の名所を紹介しよう。

 姫路城(兵庫・姫路市)は“白鷲城”と呼ばれる美しい城。世界文化遺産に登録されている真っ白な壁の姫路城の天守閣を取り囲むようにソメイヨシノやしだれ桜、山桜など約1000本の桜が咲き乱れる。その景色の中に立つと、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような不思議な感覚にため息が出る。

【姫路城お花見情報】
見頃:3月下旬~4月上旬
住所:兵庫県姫路市本町68番地
アクセス:JR姫路駅からバスで「大手門前」下車

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
「十六島」「駅部田」「特牛」「晩稲」地名クイズ中国近畿編
大阪・神戸・姫路の3都市を一度に安く観光するJRの裏技
空自ブルーインパルス 姫路城の空に描いた美しき「純白の弧」

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP