ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花粉の季節にこそ「マスク美人」になっちゃおう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

花粉や黄砂でマスクが必須の時期。メイクも落ちやすいし、息苦しいし、煩わしく感じることが多いマスクですが、着け方を工夫すればマスク美人になれちゃいます。それにマスクには良いこともあるんですよ。

マスクを着けるとキレイに見える!?

マスクを着けるとなぜかキレイに見える現象が起きます。男性もマスクを着けている女性にドキッとすることが多いとか。それはなぜでしょう? マスクを着けると顔の下半分のパーツである鼻や口、輪郭が隠れて目から上だけが見える状態になります。他の隠れた部分は見た人の想像で作られるため、美化されやすいという利点があるのです。また、目は口程に物を言うといいますが、目だけというのはミステリアスな感じに見えます。そのため、マスクを着けた女性はキレイに見えてしまうんですね。

マスクの下であんなことやこんなこと

マスクをすると息苦しく感じてしまいますが、吐く息によって湿度が保たれた良い環境でもあります。花粉症の時期に鼻のかみ過ぎで肌荒れしやすい鼻まわりや、乾燥しやすい唇も、マスクの保湿効果でうるおいを保つことができるというわけ。口を覆っているため、つい唇の皮をむいてしまうクセがある人も触ることが少なくなり、厚めにリップを塗ることで唇ケアもできちゃいます。周りから見えていないから、舌をぐるぐる動かしたり、口を動かして口輪筋のストレッチもできちゃう。あまりモゴモゴしていると変な人に見られるので、あくまでもこっそりと。

キレイに見えるマスクの選び方と着け方

最近はマスクの種類も豊富ですね。キレイに見えて花粉やホコリなどをシャットアウトする役割も果たせるマスクを選びましょう。大きさは、横幅は大き過ぎず縦幅はそこそこのもの。プリーツを伸ばすと輪郭が隠れるくらいの大きさがベストです。横幅が大きすぎると花粉が侵入しやすいばかりか顔が大きく見えるので注意。上部にノーズワイヤーが入っていて立体的なタイプのほうが、花粉が入りにくく息苦しさも少ないのでおすすめ。ファンデは薄付きのものにし、アイメイクは盛り過ぎない程度にしっかりすることで美人度がアップします。顔まわりがスッキリしたヘアスタイルにすることで、だらしない雰囲気や暗い雰囲気をなくすことができますよ。

ただし肌が密閉されているぶん、不潔になるとニキビなども出やすいので、肌に優しいものをまめに取り換えて使うようにしましょう。これで花粉や黄砂の季節も怖くない! マスクが手放せなくなっちゃうかもしれませんね。

writer:しゃけごはん

サプリ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP