体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンデ◆ランコムのクッションファンデが進化!素肌を超えた生肌へ

ファンデーションの新形態として人気のクッションファンデーション。
この春ランコムから、素肌を超えたナチュラルさ、ツヤやかなカバー力、肌そのものの質がアップしたかのような仕上がりで、これまでのクッションファンデ―ションの一歩先をゆく”第2世代”とも呼べる「ブラン エクスペール クッションコンパクト50」が発売されます。

ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト50ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト50

ブラン エクスペール クッションコンパクト 50 全5色 SPF50+/PA+++、レフィル ¥5,200(税抜)、ケース ¥1,300(税抜) 2016年2月17日発売
ブラン エクスペール クッションコンパクトは、みずみずしいリキッドファンデをパウダーファンデのようにコンパクトで持ち運べることが大きな魅力のひとつ。このスペックは既存品と変わりません。

既存のクッションファンデーションは、透明感のあるナチュラルな仕上がりを目指すために非常に薄付きで、カバー力にやや劣るとの声が多数ありました。
「ナチュラル」VS「カバー力」。
これはファンデーションの最大のジレンマですね・・・。
素肌のようなナチュラルさと肌の欠点を隠すカバー力、相反する二つの望みを叶えるのは非常に難しいこと。
私たちがこれまでファンデーションを選ぶ際にも、”ナチュラルタイプ or カバータイプ”という基準の中からどちらかを選択することも多かったのではないでしょうか。
でも、ランコムの新型クッションコンパクトは、そのジレンマを解消してくれるというのです!
さすが進化系第2世代ファンデ。

解消の秘密は、ファンデーションがジェリー状→リキッド状→ジェリー状の3段階に変化すること。
コンパクト内にはジェリー状で存在するのですが、使う時にパフでギュッと押すことでリキッド状に変化し、肌に密着すると再びジェリー状に戻る、という仕組み。

実際に試すとこのような感じです。
ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト50 開放

内蔵されているのはジェリー状のファンデーション。

ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト50 パフ

それをパフで取ると、水性絵具のようなリキッド状に。
ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト50ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト50ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト50

肌につけると再びジェリーに戻ります。

この“ジェリキッド”テクノロジーのおかげで、リキッド状態でするりと薄く肌にのせられるのに、後からジェリーが肌表面で色素や粉体をプルンと包み込んでコーティングし、まるで擬似皮膚のように水分までも保持してくれます。
そのため、ぷるぷるとした健康な肌と同じように光を反射して、ツヤのある生肌が生まれるのだそう。

1 2 3次のページ
生活・趣味
tokilaの記事一覧をみる
tokila

記者:

20~30代向けの美容情報サイト、tokila(トキラ)。 現場取材と実践をモットーとして美容の最前線をお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。