体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【昂! 男子ケータイ小説部】男たち、進化したケータイ小説を読んでキュンキュンする!

ここは新宿のある酒場。2階にある秘密の小部屋が彼らの部室だ。引き戸を少し開けば侃々諤々(かんかんがくがく)、テンションも音量も上がり気味のトークが溢れ出してくる。

「伏線だらけ! 伏線のバイキングや」
「白坂さんの策略は読めなかった!」
「マンガでは原作のオチが1ページ目に!」

“彼ら”とは――。TS 男子ケータイ小説部である。メンバーは20代、30代、40代のT&S編集部員3人。2016年3月、編集部内に「男子少女マンガ部」が創設された。活動内容は、auのブックパスで配信される少女マンガを読み、男子ならではの視点と価値観を発揮して語り倒すこと。……なのだが、時に『ドラえもん』を大人目線で読んで涙したり、『シティハンター』から真剣にモテ要素を発掘したり、臨機応変に部の名称も読む対象も変えながら語り合ってきた。そして今回はなんと! ケータイ小説。

実は「日本ケータイ小説大賞」なる賞があり、今年で10回目を迎えるらしい。おりしも、その大賞作が決定。タイトルは『はちみつ色の太陽』。で、この作品『りぼん』&『マーガレットBOOKストア!』でマンガ化もされたのだ。こりゃもう読んでもみるしかないのである。

『はちみつ色の太陽』
主人公は蜂谷美月。ある秘密のせいで、3年前に夢をあきらめた高校2年生。ひょんなことではちみつ色の髪をした学校一のモテ男・日下部陽の秘密を知り、それをきっかけに彼氏彼女のフリをすることに。噛み合わないふたりは少しずつ距離を詰め、本当のカップルみたいに……。でも、実は日下部陽にはもうひとつ秘密があり、そしてそれは美月の「あきらめた夢」とも関わっていて……
カバー・本文イラスト/たしろみや

男たち、初めてのケータイ小説に戸惑う

30代N(以下30)「ケータイ小説って健在だったんだなあ。知ってた?」
20代H(以下20)「知ってますよ、『恋空』とか。調べてみたら、アレもう10年前なんですよね」
40代T(以下40)「めちゃめちゃ流行ってたよな。映画化もされて、ガッキーかわいかったなぁ」
20「今回読んだのはケータイ小説大賞の受賞作ですね。今年で10回目で、主催は毎日新聞社とスターツ出版、TSUTAYAが協賛。『りぼん』『マーガレットBOOKストア!』にKDDIが特別協力というかたちでついていて」
40「ちゃんとしてるなあ」
20「そうなんですよ」

30「オレ、色々と発見があって面白かったよ」
20「どんなです?」
30「小説で横書きっていうのはまあ最近見なれてきたからさておき、人物とか情景とか行動の描写が、もうやたらと懇切丁寧なのよ」
40「あぁ、そうだよね。省略してもわかるようなところまできっちり書いてる」
30「たとえばこういうくだりとか」

 ところどころ脱色しているのか、朝日に照らされ、はちみつ色に輝く髪は誘うように風をまとった。
 スラリと伸びた長い脚は机から無防備に投げ出され、180センチはあるだろう身長のせいで、なんとなく窮屈そうに見える。
 二重まぶたの黒目がちな瞳に、筋の通った鼻筋、薄い唇、頬杖をつき、頬に添えられた指は男の子らしい骨っぽさがあるのに細く長くとても繊細で。
 瞳を縁取る長いまつ毛は、女の私からしたらうらやましいことこの上ない。

©Link/スターツ出版

20「日下部 陽くんの初登場シーンですね。いやあ、カッコイイ。カッコよさの権化ですね」
30「もっと整理して端的に書くこともできる。でも学園一のモテ男が教室に現れた描写なんだから、”整理”とか”端的”っていうのは違うんだよ。むしろ全力で興奮を伝えるというか……」
40「そうか、落ち着いて観察して描写してたら『この子、こんなにカッコイイんだよ!』みたいな気持ちは伝わってこない」
30「だよね。で、気付いたわけ。これはケータイ小説だから、書き手にとっても読者にとっても、大事なのは”共感”なんじゃないかと。端的にクールに書くよりも、荒削りでも盛って盛って形容するほうがリアルなんじゃないかって」
20「それってブログに近いかもしれませんね。アイドルちゃんがその日のできごとをこと細かく語ってくれるのは親しみがわきますし」

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会