ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BUCK-TICK、9月11日に12年ぶりの横浜アリーナ公演&8月にヤガミ・トールBDライブ開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年12月29日に行なわれたBUCK-TICKの16年連続となる日本武道館公演にて、9月11日に横浜アリーナでスペシャルライヴを行なうことを発表していたが、この度、ついにその詳細が発表された。

“9月11日の横浜アリーナ公演”といえば、1992年と2004年に「Climax Together」という公演名でスペシャルライヴが開催されており、前回からちょうど12年後にあたる今回の2016年公演は、“12年周期で開催される企画ライヴの第3回目”に相当。BUCK-TICKならではのスケールの大きさを象徴するライヴといえるだろう。

バンドは自身のレーベル“Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)”をビクターエンタテインメント内に移し、現在、次のリリースに向けて制作中とのこと。来年のデビュ30周年に向けたキックオフになるであろうこの公演は、果たしてどのような選曲になるのか? 新たな曲も披露されるのか?など興味がつきない。チケット争奪戦が予想されるだけに、詳細を要チェックだ。また、横浜アリーナ公演の開催決定を記念して、ニコニコ生放送にてBUCK-TICK特番も放送されるとのことなので、この機会に過去の復習もしておきたい。

そして、2015年に続きBUCK-TICKのドラマーであるヤガミ・トールのバースデーライヴの開催も発表された。8月に下北沢と地元である高崎にて2公演が行なわれるとのこと。普段はステージの後方からBUCK-TICKサウンドの屋台骨をしっかりと支え続けている彼だが、この日のライヴはヤガミ自身がプロデュースし、影響を受けてきたルーツソングをカバーしたりゲストを迎えて演奏したりと、いつもの“BUCK-TICKのヤガミ・トール”とは違う姿を見ることが出来る。

30年にも渡りオリジナルメンバーで第一線を走り続けるBUCK-TICK。デビュー時のレコード会社に20年ぶりの復帰を果たし、いよいよバンドにとって最も実り豊かなフェーズに突入した。新作リリースに関する詳細は明らかにされていないが、今後の動向にますます期待して間違いなさそうだ。

■BUCK-TICK 2016.9.11横浜アリーナ公演 開催記念 LIVE SPECIAL「CLIMAX TOGETHER」

3月27日(日) 15:00~23:00

http://live.nicovideo.jp/watch/lv256938073

【ライブ情報】
「CLIMAX TOGETHER 3rd」

9月11日(日) 横浜アリーナ

OPEN 17:00 / START 18:00

<チケット>

一般発売:5月28日(土)AM 10:00〜

料金:¥7,500(税込・全席指定)

※3歳未満入場不可/3歳以上有料

※客席を含む会場内の映像・写真が公開される場合があります。予めご了承ください。公演日当日にチケットをお持ちでない場合、ご入場できませんのでご注意ください。

「Yagami Toll ~54th Birthday Live~ IT’S A NOW!2016」

8月19日(金) 東京 北沢GARDEN 

8月21日(日) 群馬 高崎club FLEEZ

<チケット>

一般発売:5月21日(土)AM 10:00〜

料金:¥6,000(税込・ドリンク代別 / オールスタンディング)

※ご入場者全員にヤガミ・トールのスティックをプレゼント。

※8月19日、21日の公演内容は異なります。内容は後日、BUCK-TICK OFFICIAL WEBにて発表します。

個目3歳未満入場不可/3歳以上有料

客席を含む会場内の映像・写真が公開される場合があります。予めご了承ください。公演日当日にチケットをお持ちでない場合、ご入場できませんのでご注意ください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP