ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上京する息子が母にしかけたサプライズ 心温まると話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春は別れと出会いの季節。美容師という夢に向かって、この春から東京で新生活を送る息子。そんな息子を送る母に、息子のしかけたドッキリが心温まると話題になっています。

しかけたのは、北海道から上京し4月から美容師専門学校に通う金澤輝さん(@kanazawa1023)。ドッキリの様子をTwitterに動画投稿したところ、1000RTを超え反響を集めています。

動画では待ち合わせたお母さんに、「18年間ありがとうございました。」という言葉とともに一つの紙袋をぽんっと渡します。

【関連:『日本語大賞』小学4年の作品が話題―「お母さん、ぼくがいるよ。」】

実はこれ、上京前に何かお母さんにプレゼントしたいと思い、アルバイトして少しずつためたお金で用意したもの。中身は「お母さんの財布が壊れたから」ということで、大奮発して買ったお財布だそうです。

そんな苦労も察したのか、お母さんの口からはただ驚きの声がもれるばかり。その様子に続く言葉が見つからず金澤さんつい「最期の親孝行」と言ってしまいます。するとお母さんは即「最期だなんて何言ってるの~」とちょっと怒りながらも今度は号泣。なだめ慌てる息子に、泣きじゃくる母。見てるこちら側も思わずほろりとさせられます。

金澤さんは自分の上京よりも、「母子家庭だからお母さん置いてくのとても心配」と母を気遣うコメントをしています。でも「夢のためだから」と強く背中を押してくれたことに感謝しているそうです。

動画では「最期の親孝行」と間違えて言ってしまっていますが、次の親孝行目標は「まずは美容師になって1番最初にお母さんの髪の毛を切ってあげる事」だそうです。素敵ですね。こんな素敵なハートをもった人ならば、きっと誰からも好かれる美容師になることでしょう。後は技術だけ!しばらく大変かもしれませんが、今の心意気があればきっと立派な美容師になることでしょう。未来のカリスマ美容師に期待です!

▼協力
金澤輝さん(@kanazawa1023

関連記事リンク(外部サイト)

「はぁ~! オムツじゃねえ ミルクじゃねえ」吉幾三代表曲替え歌がネットで流行
炎上した作家・藤岡真氏 ブログに続き謝罪掲載のツイッターも閉鎖
「焼き肉のタレが出てきた」とデマが流れた自販機にニコニコユーザー記者が挑戦

おたくま経済新聞
カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP