ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2016年GW特集】都会も田舎も満喫できるオーストラリア旅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐ桜が咲いて、あっという間に5月になり、待ちに待ったゴールデンウィークが来ます。今年はどこか旅に出ますか? 5月2日(月)、5月6日(金)の2日間を休めば、最大10連休を取れるので、今年こそ海外旅行に行くチャンスですね。

というわけで、みなさんの海外旅行をサポートするCompathy Magazine編集部はCompathyからおすすめの旅行記をピックアップしました。今回はオーストラリアに行ってみましょう!

①初めてのシドニー旅なら必見

6日間のシドニー旅をまとめた旅行記です。kitajima yukoさんはシドニーのメインな観光スポットはもちろん、エアーズ・ロックまで足を運んだ旅を語ってくれます。初めてオーストラリアを訪れる方はぜひご参考ください!

kitajima yuko「シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅!

②無料で現代アートに触れるチャンス

現代アートが好きな旅人は必ず美術館に足を運びたいものですよね。シドニーの現代美術館はなんと入場無料です! オーストラリアに住んでいるErika Anne Nagaokeさんはシドニー以外にもたくさんの旅行記を作っています。現地の人しか知らない情報を手に入れたければぜひこちらもチェックしてください。

Erika Anne Nagaoke「シドニーの無料スポット、絶景付き美術館

③シドニーだけじゃ物足りないときは…?

長い休暇を取れる方は、シドニーだけではなく、オーストラリアのあちこちに訪れてみたいと思うはず。Hiroki Matsushimaさんはシドニーからゴールドコーストやブリスベンへ、街並みを楽しみながら旅してきました。Compathyで彼の足跡を追いながら旅の企画を立ててみてはいかがですか?

Hiroki Matsushima「春一番オーストラリア

④子連れのオーストラリア旅

いつもお子さんと一緒に世界の各国を回るイクメン旅人のMasayuki Okaさんの旅行記です。海外旅行を諦めている子連れの方はぜひOkaさんから旅のヒントをもらってください。小さな子どもと一緒に最高な旅ができますよ!

Masayuki Oka「オーストラリア父子旅 メルボルン編①

⑤オーストラリアの小さな街を満喫する旅

ゴールデンウィークだからこそ大都会の雑踏から解放されたい人も多いはず。海外旅行でも異国の都会の雰囲気を味わいたいけれど、田舎でリラックスしたいときだってありますね。オーストラリアの小さな街の生活を体験したい方はバイロンベイを訪れてみてはいかがですか? 

Koichiro Albus Victor「バイロンベイ、オーストラリア Byron Bay, New South Wales

⑥シドニー周辺の世界遺産へ

「長い旅ができないけど、オーストラリアの自然に触れてみたい!」
そう思う方はぜひ世界遺産のブルー・マウンテンズ国立公園へ行ってみましょう。シドニーからブルー・マウンテンズ国立公園までは、ツアーバスで約2〜3時間で行けるのです。MORI SHIZUKUさんは様々な情報を共有してくれているので、ぜひ一読ください。

MORI SHIZUKU「オーストラリア・シドニー2泊3日の旅~ブルー・マウンテンズ国立公園でスリーシスターズに見入る~

⑦オーストラリアの絶景

きれいな海、力強い自然に出会いたくてオーストラリアを訪れる人が多いかと思います。あなたもその一人なら、一度はグレートオーシャンロードへ行くべき! Nan Sasakiのルートに沿って「12使徒」までドライブしてみませんか?
オーストラリア絶景を回る旅に興味がある方は併せて「一度は行ってみたい『世界遺産』その2 エアーズロック(Urulu)」もチェックしてください。

Nan Sasaki「一度は行ってみたい『世界遺産』Great Ocean Road

⑧ケアンズでダイビングしよう

ダイビングもオーストラリアの楽しみ方の一つですね。グリーン島の周りの海ではウミガメにも出会えるのです。
とりあえずpineappleをまねてケアンズからキュランダ鉄道に乗ってみましょう。最高な景色を楽しめる旅があなたを待っています!

pineapple「グレートバリアリーフに近いケアンズで観光とダイビング

オーストラリアへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら)。

Photo by: kitajima yuko「シドニーからエアーズ・ロックへ。ゆったり6日間の旅!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP