ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃のコラボ】「ヨーグルトにかけるお醤油」を、乳業メーカーと醸造のプロが開発!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドライフルーツやグラノーラなどトッピングは充実しているものの、ヨーグルトにかけるものといえば、せいぜいフルーツソースかはちみつくらい。よもや、「醤油」というアイデアはないでしょう。でも…

ヨーグルトにかけるのは
「醤油」という時代到来!?

かけるんです、醤油を。

この醤油、本当にヨーグルトを美味しく食べるために開発された商品なのです。衝撃の組み合わせに思えるでしょう。だけど意外や意外、これが合うんです!それもそのはず、もとはといえばヨーグルトと醤油、どちらも同じ発酵食品。言うなれば、「クリームチーズの味噌漬け」が美味なのと同じ感覚と思えばどうでしょう。ほら、結構イケるかも?

乳業メーカーと
醸造会社が共同開発

「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造する生クリームたっぷりでコクのある生乳タイプのヨーグルトに合うソースを開発し、ヨーグルトの消費拡大を狙ってのこと。

企画開発に携わった同社の常務取締役・溝渕郁夫氏によれば、職員のなかにめんつゆをかけてヨーグルトを食すスタッフがいたことや、同じ発酵食品の掛け合わせという観点から、ソース開発に醤油を活かそうというアイデアが生まれたんだそうです。

「地元のいい醤油でつくりたい」と溝渕さん。隣り町の花巻市で100年以上前から地元岩手の田舎味噌や醤油をつくり続けてきた「佐々長醸造」にアプローチ。県産大豆と小麦からつくった自慢の醤油をベースにソース開発が始まりました。

ヨーグルトの旨味を引き立たせる醤油の割合。試行錯誤の試食を繰り返し、こちらも地元産の白ワインと、りんご果汁を合わせることでついに黄金比を発見。ヨーグルトに合う醤油ベースの斬新なソースができあがりました。

醤油に砂糖、白ワイン、水あめ、酢、りんご果汁などをブレンド。醤油の塩味からカドが取れ、りんごと水あめの甘みが加わり、思いのほかフルーティーなソースといったところ。ヨーグルト独特の発酵臭がまろやかに変化。甘じょっぱい風味は、どこかみたらし団子のたれの味わいに近いかもしれません。

すでに、第二弾も!
「ヨーグルトにかけるお味噌」

こちらは、「ヨーグルトにかける」シリーズ第二弾として登場した“お味噌”バージョン。こちらはりんごとハチミツをベースにしたソースに佐々長醸造ご自慢の味噌をブレンドしたもの。
なんでも、ヨーグルトがまるで○○のような味わいに変化するんだとか。おっと、味の説明はこのくらいに。あとは自分で試してみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission by 湯田牛乳公社

関連記事リンク(外部サイト)

「コンソメ」と「ブイヨン」の違いをあなたは知っていますか?
マグカップと電子レンジを使った「5つのレシピ」ピザ、マカロニ、グラノーラetc・・・
話題の「ビーントゥーバー」のチョコ、どうして新しいのか?

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP