ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・山内マリコが綴る 女性にとって「長く使えるいいモノ」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・山内マリコさんは30代を迎え、安くてカワイイを合い言葉に大量消費する時代を卒業、多少値が張っても、長く使えるいいモノが欲しくなってきたといいます。

 そんな山内さんが選ぶ品々が紹介されていく本書『買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて』は、週刊文春にて2014年4月10日号から2015年8月6日号まで連載されていた”お伊勢丹より愛をこめて”をまとめ、文庫本化した待望の一冊。

「年齢と懐具合と相談しながらちょっとずつ買い集めたものたちで、いまのわたしはできている。財布、傘、バッグ、手帳、靴、ジーパン、ヘアブラシ、机。自分が選んだもので、自分自身が形作られている。これは毎日の食事がその人を作っているのと同じこと。おろそかにしちゃいけない」(本書より)

 本書では、プラダの長財布にはじまり、ロンシャンのナイロントート、シュット! インティメイツの下着、クレールフォンテーヌのノート、トラディショナル ウェザーウェアの傘、グッチのレザートート、アントン・ヒュニスのピアスとネックレス……といったように、山内さんを形作っているあらゆるモノと、それにまつわるエピソードが綴られていきますが、デビュー作『ここは退屈迎えに来て』のプロフィールで”バブル崩壊後の地方都市で、外国映画をレンタルしつづける十代を送る”と自己紹介しているほど、映画好きの山内さん。どのようなモノを選ぶのかの判断基準が、好きな映画にまつわるときも。

 たとえば2013年に劇場公開されたドキュメンタリー『キューティー&ボクサー』。日本ではじめてモヒカン刈りにした男として知られる芸術家・篠原有司男と、その妻乃り子の、ニューヨークでの日常を追ったこの作品における、乃り子の朝の身支度シーンに影響を受け、メイソンピアソンのヘアブラシを購入したといいます。

「真剣な面持ちで髪を梳かし、ギュッと固くおさげを結う乃り子。寝起きのボサボサ髪が、丁寧なブラッシングでつやつやロングに変貌する様を見て、わたしは決めた。ずっと迷っていたメイソンピアソンの猪毛100%高級ヘアブラシ(イギリス製、約2万円)、買います! いまから30年ブラッシングをがんばって、ゆくゆくは乃り子のようなつやつやの白髪レディになりたい。この買い物はその夢への第一歩なのだ」(本書より)

 山内さんは自身の買い物を通し「好きなものへの思い、暮らし方、買い方、処分の仕方、近ごろの消費傾向、ほのかなエコ意識、果ては現代社会のあり方」(本書より)に思いを巡らせたといいます。身の回りの買い物品を見渡してみると、自分自身について気付かされるところもあるかもしれません。

■関連記事
人気スタイリストが明かす、ウエストを細く見せる5つの方法
おしゃれなアラフォー女性必須 4つのファッションアイテムとは?
ターゲットは「30〜50代のポッチャリ男性」 新雑誌『Mr.Babe』がイベント開催

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP