ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香りも味も台なしに! ワイン殺しの危険な食品たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワインと相性抜群の料理の関係を結婚にたとえて「マリアージュ」といいますが、最高の相性があるということは、裏返せば最悪の組み合わせもあるということ。食品の中にはワインの存在をまったく受け付けないどころか、せっかくの香りや味わいを殺してしまうものも存在します。そんな「ワイン殺しの食品」をご紹介しましょう。

酸味が強いものとは相性最悪

「ビネガーはワインをゾンビに変える」という説もあるほど。フレッシュなレモン汁がたっぷり入ったドレッシングをかけたサラダのように、酢の物のような酸味が強い食品・料理はワインの味わいを殺してしまいます。生のグレープフルーツもワインにとっては爆弾なので避けて。

和の魚介加工品はワインをまずくする

明太子、塩辛、数の子、干物といった日本ならではの魚介加工品は、ワインと一緒になると旨味のもとでもある生臭さが強調されてしまいます。やはりこれらは日本の酒の肴。日本酒とあわせることをおすすめします。

肉じゃが、筑前煮ともNG

和食ではおなじみ、醤油・みりん・砂糖・酒などをベースに作る和の煮物は、ワインの繊細な味わいを殺してしまいます。肉じゃが、筑前煮、きんぴらごぼうなど、甘辛系の和食はワインと組み合わせないほうが無難。

生野菜は青臭さが強調される

きゅうりやにんじん、セロリなどの生野菜スティックは、ワインと合いそうですが実は相性はイマイチ。ワインと一緒になると、生野菜の青臭さが際立ってしまいます。ただし、バーニャカウダのような食べ方なら、ソースが繋ぎ役になってくれてナイスカップルに転じることも。

奥深いワインの世界を楽しむためには、ワインと相性が悪い食材を覚えておくことも肝心。NG食材を頭の片隅に入れておけば、せっかくのワインの風味をダメにしなくて済みます。ホームパーティーでワインを飲むときなどにぜひ役立ててくださいね。

参考文献:『ワインは楽しい!』 オフェリー・ネマン パイ・インターナショナル

おすすめのレシピ

ワインにぴったり!のおすすめレシピ

ワインにぴったり!揚げ魚のマリネのレシピ | 料理サプリ

ムール貝の白ワイン蒸しのレシピ | 料理サプリ

牡蠣とほうれん草の白ワイン煮のレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

りんごは冷蔵庫の嫌われ者!? 一緒に入れるものに要注意
サラダ油の“サラダ”ってなんのこと!?
「卵」と「玉子」はどちらが正しい!?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP