ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リブート版テレビシリーズ『冒険野郎マクガイバー』の主人公、『X-MEN』シリーズのルーカス・ティルに決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のテレビ局CBSが製作中の人気テレビドラマ『冒険野郎マクガイバー』のリブート版において、ルーカス・ティル(映画『X-MEN』シリーズなどに出演)が主人公の現代版マクガイバーを演じることが決まった。本紙ヴァラエティが確認した。

ティルは、1980年代の人気テレビシリーズのリブートとなるパイロット版で、かつてリチャード・ディーン・アンダーソンが演じて有名になった同タイトルの主人公を引き継ぐ。

『冒険野郎マクガイバー』のパイロット版は、秘密組織に採用された20代そこそこの若きマクガイバーが、型破りな方法で災難を未然に防ぎ、問題を解決する技を磨くというストーリーだ。

ティル以外の新しい出演者も決まった。マクガイバーの高校時代からの親友ガンナー役をジョシュ・ブーンが演じる。また、エキセントリックな陰謀論者と見られるも、実は慈悲心を持つ本物の政府職員リンカーン役を、テレビシリーズ『CSI:科学捜査班』に出演したジョージ・イーズが演じる。

ティルが主人公に決まったことで、長きにわたる同番組の新しいスター探しに終止符が打たれることになった。情報筋によると、この役の候補には、外国人俳優を含め、多数の名前が挙がっていたという。

リブート版『冒険野郎マクガイバー』は、ポール・ダウンズ・コレイゾが脚本を手掛ける。また、コレイゾはマイケル・クレア、リー・デヴィッド・ズロトフ、ジェームズ・ワン、また、オリジナル版でプロデューサーを務めたヘンリー・ウィンクラーらと共にエグゼクティブ・プロデューサーに就任する。デヴィッド・フォン・アンケンがパイロット版を監督するとともに、エグゼクティブ・プロデューサーも務める。プロデュースはCBSテレビジョン・スタジオが行う。

ティルは、エージェンシー・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ(APA)、マネージャーのトム・サリバン及びハーシュ・ウォーラーステイン・ヘイヤム・マトロフ・アンド・フィッシュマンの弁護士のハワード・フィッシュマンと代理人契約を結んでいる。彼の次回作は、5月に全劇場公開される映画『X-MEN:アポカリプス』のミュータント、ハボック役である。ブーンはエイブラムスと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP