ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった12人のPL野球部 対外試合は0-14で大敗

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春夏通算7度の全国制覇を誇るPL学園の黄金期、多くの野球少年がユニフォームの胸元を右手で握りしめるPLナインの所作を真似した。センバツ開幕前日の3月19日、近大泉州高校との今年初めての対外試合に臨んだ12人のPL現役部員も、打席に入る直前、あるいは守備位置につく時、伝統の祈りを捧げていた。

 だが、結果は昨秋の大阪大会で2回戦敗退に終わった近大泉州高校を相手に、0-14という屈辱的大敗。

 エース右腕は制球が定まらず、1回途中で4失点降板。コールドゲームのない練習試合で2人しかいない投手陣は打ち込まれ、打線も沈黙した。試合中は相手校に「しばけ! しばけ!」と野次られ、14点目を奪われた後、大差があるにもかかわらず、次の試合の練習台とでも思われたか送りバントを決められる始末。

 部員たちは最後まで試合を投げなかったが、かつてPLといえば、試合前から対戦相手が名前負けで萎縮していた。新規部員募集を停止し、この夏以降の休部が決まっているPLにその面影はない。

 試合後、野球経験のない監督として3代目となる川上祐一新監督はこう語った。

「PLの剣道も野球も目的は世界平和。なぜ野球部があるのか。その存在意義をお伝えしていきたい。(夏以降は)休部と決まっているだけで、それ以外は何も聞いておりません」

 存続への一縷の望みは、2009年夏以来の甲子園出場を果たすことだが、その道のりはとてつもなく険しい。

●取材・構成/柳川悠二(ノンフィクションライター)

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
野球部廃部危機のPL 寝耳に水の校長監督の解任で関係者が嘆息
センバツ出場の水城高 出場祝いの水をすべて避難所に差し入れ
昨夏甲子園出場時の弘前学院聖愛 5投手駆使して強豪を翻弄

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP