ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドロ沼の相撲協会理事長選 影の主役に「K」という人物

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ3月28日に、相撲協会の新理事長が選出される。名乗りを上げているのは八角・現理事長(元横綱・北勝海)と貴乃花親方の二人。これまでも双方の熾烈な多数派工作をレポートしてきたが、ここにきて関係者の注目を集めているのが、貴乃花陣営に加わった「元顧問・K」だ。K氏の登場により、この大一番の帰趨が一気に決しようとしている。

 春場所中日の3月20日に大阪で開かれた相撲協会の理事会は、場所中では異例の2時間超えの長丁場となった。翌週28日には八角理事長と貴乃花親方がその座を競うとみられている理事長選を控え、関係者の注目が集まっていた。

「というのもこの日、八角理事長の解任を求める『緊急動議』が提案されるという情報が駆け巡ったのです。本番の理事長選を前に、貴乃花親方サイドが八角理事長のイメージダウンを狙って仕掛けるとみられていました」(協会関係者)

 しかし、結局動議は出ず。

「投票を力士出身の理事だけでやるのか、外部理事も入れるのかといった、理事長選の方式が議題になりました。貴乃花親方に近いとされる外部理事は、自分たちも投票に加わるべきと主張しましたが、認められなかった。貴乃花派には厳しい結果となりました」

 協会関係者はそう説明した上で、「貴乃花親方が『K』と近付くからこうなるんだ。理事会でもKとの関係について批判する意見が出ていた」とこぼした。

 実は、この「K」こそ、ドロ沼化する理事長選を左右する“影の主役”ともいえる人物なのだ。

「新理事長は、力士出身の理事10人の互選によって決まりますが、結果に大きな影響を与えそうなのが、K・元顧問の存在です。もともと関西地方の警察に勤めていた人物で、北の湖・前理事長の“右腕”として協会の事務を取り仕切っていました。そのKが、ここにきて『貴乃花理事長』誕生を強力にプッシュしているのです」(協会関係者)

 K氏は場所前の3月3日、大阪市内のホテルで開かれた貴乃花一門の激励パーティにも姿を見せていた。

「貴乃花親方は坊主頭に刈り込んで登場し、理事長選に向けた気合いの現われに見えました。一方のK氏は一番の上席に座り、壇上で貴乃花一門の活躍を願う激励スピーチまで行なっており、貴乃花親方とK氏の親密ぶりが印象に残りました」(出席者の一人)

 そんな貴乃花親方とK氏の関係が、八角派からの攻撃の的となっている。それもそのはず、このK氏は、相撲協会のパチンコ台ライセンス契約を巡って、「パチンコ機器メーカー関係者から裏ガネを受け取った」人物なのである。

◆すべてを変えた「北の湖急死」

 このパチンコ裏ガネ疑惑は、本誌が2014年1月24日号でスクープしたものだ(『北の湖の“右腕”への「裏ガネ授受現場」』)。

 記事では、あるパチンコ機器メーカーの関係者が、2012年11月に福岡市内のホテルで、K氏に裏ガネとして現金500万円を手渡すシーンを収めた動画の内容を報じた。映像にはK氏が500万円の札束を受け取り、「絶対これ、バレんようにしてくれる?」などと語る姿が映し出されていた。

 この現金授受は、某パチンコメーカーによる現役力士が実際の四股名で登場するパチンコ台企画に絡んでのもの。現金を渡した人物は本誌の取材に、契約成立のための裏ガネとして映像に収められた500万円の他に、さらに1200万円の裏ガネをK氏に渡したと証言している。

「映像という動かぬ証拠もあったので協会内も騒然となり、協会の危機管理委員会(委員長=宗像紀夫・元東京地検特捜部長)が調査に乗り出しました。

 しかし、当時は北の湖理事長が健在であり、K氏が後に金銭を返還したと主張したこともあって、『問題なし』という結論になった。協会内でも本当にそれでいいのかと思う人はいましたが、異論を唱えられる状況になかった」(前出の協会関係者)

 K氏を巡る状況が変わったのは、昨年11月の九州場所中に北の湖理事長が急死してからだ。後を継いだ八角理事長はK氏を協会の中枢から遠ざけるようになる。

「八角親方も、理事長に就任してから初めてK氏のやっていることを不審に思うようになったのでしょう。K氏が協会の内部留保約70億円を使って企業債券を購入するプランを進めていたことや、昨年末にK氏に750万円の特別ボーナスが支払われていることが八角理事長の知るところとなった。北の湖理事長時代に国技館の改修工事の業者選定にK氏の意向が働いていたという情報もあります」(八角派の親方)

 そして年が明けて1月末、八角理事長はK氏に対して契約解除通告を突きつけた。

「3月まではK氏への報酬は支払われると聞いていますが、契約解除通告以来、協会にK氏は姿を見せなくなりました」(同前)

 北の湖死去とともに協会を追われるK氏。そのK氏が、八角理事長と次の理事長の椅子を争う貴乃花親方に接近していったのである。

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
相撲協会 「次期・貴乃花理事長体制」に向かって形勢固まる
相撲協会 八角親方を理事長選出で「貴乃花理事長」遠のく
改革派の貴乃花親方はKY扱いされ、潰す勢力が存在すると識者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP