体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事が全然はかどらない?「音楽の聴き方」に要注意!

create-playlist_000082653923_Large

作業に集中したい時であればあるほど、音楽に頼りたくなることがあります。例えば、周りの音を遮って作業に没頭したい時は「ヘッドホンで耳を塞ぐ」。気分を盛り上げたいなら「ノリノリのBGMを流す」とか。

でも、もし間違った聴き方をしていたら…。ここでは「Quarts」に掲載された音楽と作業効率の関係性を紹介。

01.
【勉強中】
“好きな歌手の唄を聴く”
→集中できなくなる

create-playlist_000068037357_Large

歌詞って頭に入ってきちゃいます。思い入れがあるなら尚更でしょう。たとえ静かな音楽でも、脳は作業と音楽の両方から情報を得ており、同時に処理する必要があります。そのため、作業パフォーマンスを低下させる可能性が高いと考えられています。

とくに新しい物事を吸収するための複雑な作業をする際は、むしろあらゆる刺激をシャットアウトしたほうがベター。調べ物や勉強をしているときに周りがうるさい場合は、抑揚のないアンビエントなどで騒音を遮断すると良いかも。

02.
【単純作業中】
“適当な曲を流している”
→好きな楽曲のほうが◎

287257631

前述した場合とは反対に、情報処理の負荷が少ない単調な作業をしているときには、思い入れのある曲を聴いたほうが“ノッてくる”のだとか。

「アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)」によれば、ロックやクラシックを聞いている人の、画像、文字、数字に関する認識がより速くなることがわかりました。

組立作業をしている労働者を調査した結果、音楽を聴いている人のほうがより幸福感を感じており、作業も効率的に。さらに、失敗の数も減ったと「Science Direct」に発表されています。

また、米国医師会が発行している媒体「Journal of the American Medial Association(JAMA)」には、クラシックを流して作業した外科医の方が、より正確に作業を行うとの研究結果が。

03.
【問題解決中】
“テンポを上げる!”
→BPMは50−80が最適。

具体例を挙げると、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『Under The Bridge』が、BPM82。かなりゆっくりしている印象です。

音楽性やジャンルの利点を「Spotify」と共同研究した「The British CBT & Counselling Service」のEmma Gray博士は、「Digital Trend」にこうコメント。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。