ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事が全然はかどらない?「音楽の聴き方」に要注意!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

作業に集中したい時であればあるほど、音楽に頼りたくなることがあります。例えば、周りの音を遮って作業に没頭したい時は「ヘッドホンで耳を塞ぐ」。気分を盛り上げたいなら「ノリノリのBGMを流す」とか。

でも、もし間違った聴き方をしていたら…。ここでは「Quarts」に掲載された音楽と作業効率の関係性を紹介。

01.
【勉強中】
“好きな歌手の唄を聴く”
→集中できなくなる

歌詞って頭に入ってきちゃいます。思い入れがあるなら尚更でしょう。たとえ静かな音楽でも、脳は作業と音楽の両方から情報を得ており、同時に処理する必要があります。そのため、作業パフォーマンスを低下させる可能性が高いと考えられています。

とくに新しい物事を吸収するための複雑な作業をする際は、むしろあらゆる刺激をシャットアウトしたほうがベター。調べ物や勉強をしているときに周りがうるさい場合は、抑揚のないアンビエントなどで騒音を遮断すると良いかも。

02.
【単純作業中】
“適当な曲を流している”
→好きな楽曲のほうが◎

前述した場合とは反対に、情報処理の負荷が少ない単調な作業をしているときには、思い入れのある曲を聴いたほうが“ノッてくる”のだとか。

「アメリカ国立生物工学情報センター(NCBI)」によれば、ロックやクラシックを聞いている人の、画像、文字、数字に関する認識がより速くなることがわかりました。

組立作業をしている労働者を調査した結果、音楽を聴いている人のほうがより幸福感を感じており、作業も効率的に。さらに、失敗の数も減ったと「Science Direct」に発表されています。

また、米国医師会が発行している媒体「Journal of the American Medial Association(JAMA)」には、クラシックを流して作業した外科医の方が、より正確に作業を行うとの研究結果が。

03.
【問題解決中】
“テンポを上げる!”
→BPMは50−80が最適。

具体例を挙げると、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『Under The Bridge』が、BPM82。かなりゆっくりしている印象です。

音楽性やジャンルの利点を「Spotify」と共同研究した「The British CBT & Counselling Service」のEmma Gray博士は、「Digital Trend」にこうコメント。

「心を落ち着かせた上で、集中力・想像力・注意力を向上させるには、BPMが50-80の間であることが重要です。学習にも最適。ちなみに、ロックは右脳に働きかけて人を感情的にさせます。学生がクリエイティブを学ぶ際の雰囲気作りにいいでしょう」。

調査結果についてGray氏は、音楽ジャンルよりも、テンポが大きな役割を示しているとも。これについて「Quarts」は、より深い没入感を生み出してフロー状態を生み出せると書いています。

04.
【共同作業中】
“会議室は静かに”
→BGMで協調性がUP!

集中できる無音状態も時と場合によっては逆効果に?神経科学者でミュージシャンのJamshed Bharuchaは、音楽を流したほうがより人と人が“シンクロできる”と言います。それを裏付けるかのような「ドイツ国立学術財団」の調査による結果も。

子どもたちを2組に分けて「お片づけ」をさせたところ、一緒に歌いながら作業をしたグループのほうが協力的だったそうです。とくにお気に入りの音楽を聞くと、ドーパミンが分泌されるため、ワクワクするような「やる気と喜び」を感じられるのだとか。

たとえば、会議を盛り上げるためにみんなが好きなBGMをかけるというのも一つの手と言えるのでしょうか。雰囲気は変わりそうですよね。

つまり、以上のことをまとめるとこんな感じ。

・勉強中:クラシック、インスト、完全な無音。
・単純作業中:聴いていて幸せになれる楽曲。
・問題解決中:BPM 50-80で、歌詞が少ない楽曲。
・共同作業中:作業の種類に合わせたBGMをかける。

たしかにそうだなと思えるところはありますよね。参考にしてみては?

Reference:Red Hot Chili Peppers
Licensed material used with permission by Quartz

関連記事リンク(外部サイト)

【科学者がYES!】毎日幸せが続く、シンプルな習慣7つ
音楽を聞きながら作業をすると、記憶力・集中力が上がる(米研究)
あなたの職場にもいる “有毒社員”の特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP