ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】電気代が数万円安くなるかも! 2016年4月から電力自由化が開始 / 今すぐチェックする方法「エネチェンジ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月のスタートが迫る電力自由化だが、もう変更の申し込みはされているだろうか。業者ごとにセット割引(一番人気の東京ガスならガス代と合わせて割引など)や時間帯割引などがあり、ベストな会社とプランを選ぶのはかなり大変である。

・安くなるプランを探すだけでひと苦労
そして、適当に選ぶと割高になるケースもある。ウチのようなあまり電気を使わない世帯は(20A契約で年間の電気代が5万円程度)、安くなるプランを探すだけでひと苦労だ。そもそも20Aのままだと変更できない会社も多い。

・エネチェンジで業者を一括比較
最初は各業者のサイトでシミュレーションを行なっていたのだが、エネチェンジという素晴らしいサイトを発見した。必要事項を入力するだけで34の電力会社から、合計227料金プランを比較できる。

・ほぼ誰でも5%安くなるHTBエナジー
検討の結果、ウチはHTBエナジー(H.I.S.の電力販売店)に申し込むことに。従来の電力会社の料金の5%引きというわかりやすい価格であり、基本、どんな人でも安くなるのがありがたい。20Aのままでも問題なく契約できる。

・供給開始日などは未確定
申し込んだのは3月14日だが、自由化を前に通常より処理がかかっているようで、まだ供給開始日などは確定していない。しばらくは多少切り替えが遅れることを覚悟したほうが良さそうだ。

・エネチェンジでチェック
契約変更=電気代が安くなるという図式がいつまで続くのかはわからないが……。各社ともキャンペーンを精力的に行なっており、エネチェンジでどれくらい安くなるのかだけでもチェックしてみてはいかがだろうか。

https://youtu.be/Db8N6sAWQRc

執筆: 鈴木収春(不明研究室) http://fumeiya.net/

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/03/25/enechange/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP