ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SanDisk、オンラインサービスもサポートしたストレージ管理アプリ「SanDisk Memory Zone」を公開、端末上のデータをDropboxにバックアップできたり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本のAndroidマーケットには公開されていませんが、フラッシュメモリベンダーのSanDiskが「Memory Zone」いうDorpboやPicasaなどのオンラインサービスまでサポートした結構高機能なストレージ管理アプリを公開してたので紹介します。「Memory Zone」では、端末の内蔵ストレージやマイクロSDカードだけではなく、オンラインサービス(今のところDropbox、Box.net、Picasa、Google Docsのみ)上のファイルをタイプ別に一覧表示することのほか、例えば、端末上のファイルをマイクロSDカードにコピーしたり、マイクロSDカード上のファイルをDropboxにアップロードしたりと、各ストレージ間でのデータ転送を行うことができます。各ストレージの使用量も確認できます。アプリのバックアップ/リストア機能では、マイクロSDカードまたはオンラインストレージ上に、端末内のデータをファイルタイプ別(連絡先/アプリ/動画/音楽/写真/文書)に一括バックアップすることも可能。一度のみの手動バックアップのほか、定期的にバックアップすることもできます。マイクロSDカード内のデータをパスワードで暗号化する機能も搭載されています。「Memory Zone」(マーケットリンク) 


(juggly.cn)記事関連リンク
「ATOK for Android」がアップデート、マルチタッチ入力に対応、英字テンキーの右フリックに文字を割り当て可能に
Motorola DROID 4のコードネームは”Maserati”らしい
本日9月28日より「イマドコサーチ」と「イマドコかんたんサーチ」の検索機能がspモード対応スマートフォン全機種に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。