ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上の子が大きかったから、今回は楽勝♪のはずが…?!波乱の2人目出産

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私は2人の男の子のママです。

次男が産まれた時、上の子は2歳半すぎ。

ちょうどイヤイヤ期、トイレトレーニング、幼稚園選びなどが重なって、大きなお腹を抱えての育児は大変でした。

ですが、妊娠中ずっと経過良好で、

「2人目はすぐ産まれるっていうから、お産はきっと楽だね」

と、周りにも言われていました。

というのも、長男は出生時3,596gの大きめベビー。

初産だったので、出産は予定日10日超過、入院して促進剤を使い、陣痛から出産まで24時間かかる大仕事だったのです。

初回であれだけの思いをしたのだから、今度はあっさり産まれてくれるのでは、と私自身も考えていました。

第2子の妊娠中は、安定期に入った頃から既にお腹が大きく目立っていました。

7ヶ月頃には、すでに臨月か?と思うほど。

9ヶ月の時にママ仲間と家族ぐるみでバーベキューをしに行ったのですが、その時の写真に写る私のお腹の大きいこと!

Tシャツがはち切れそうです。

この時はちょっとした段差や坂で、ママ友たちがあわてて手を貸そうとしてくれたのですが、このお腹では心配になるのも納得…。

それでも検診でみてもらうと、赤ちゃんの大きさは普通。

長男のときはどうだったかな?私、お腹が大きくなりやすい体質なのかしら?と思っていました。

そうして迎えた妊娠10ヶ月、予定日近くなっても、強いお腹の張りを感じることもなく、まだまだ産まれそうな気がしません。

産後は私の実家にお世話になる予定だったので、予定日の2週間前に一家で実家へ(夫は私の実家から仕事に通いました)。

陣痛が来たのは予定日翌日。

朝からお腹が痛みはじめたので上の子を両親に託し、夫とともに病院へ向かいました。

余談ですが、この後に長男が熱を出し、あわてた私の両親が小児科へ駆け込んだ様子が、夫の携帯へLINE中継されたというトホホエピソードも…。

熱を出し、ママを呼びたいのにがんばっている長男を思うと、陣痛中にもかかわらず切なくて涙が出そうになりました。

ちなみに夫はそんな私を横目に、

「うーん。この字だと画数が…」

と、のほほんと次男の名前候補を携帯で調べておりました(おい!)。

そうこうしているうちに陣痛が強くなり、午後2時頃に分娩台へ上がったのですが、そこからが大変でした。

助産師さんの指示にあわせていきんでみるものの、赤ちゃんが一向に出てこない!

骨盤が強引に押し広げられ、ミシミシと音を立てるのが聞こえるようでした。

まさに、『赤ちゃんが大きすぎて出てこられない』感じ。

長男のときにも体験していない程の痛みと闘うこと2時間、それでも出てきません。

最終的には先生が2人登場。

救世主!と思ったのもつかの間、2人がかりで私のお腹をぐいぐい押すので、さらに痛み倍増。

まさに生死の境をさまよい、それでも、どうにかこうにか無事に出産!

赤ちゃんが出てきた直後、スタッフの皆さんが

「…大きいね〜」

という空気になったのが忘れられません(笑)。

続いて

「体重発表します!ジャーン!」

と助産師さん。

次男は体重3,760g、長男を上回る大きさで、

「そりゃお腹も大きかったわけだ…」

と周囲も納得。

私はひそかに、入院のときに無痛分娩も選択できる病院だったのに、

「2人目だし、高いし…」

「するっと出てくるだろうから」

と普通分娩を選んだことを悔やんだのでした。

著者:あっつん

年齢:31歳

子どもの年齢:長男3歳、次男3ヶ月

長男を授かる前は保育士として働いていましたが、自分の子育てとなると分からないことばかり!毎日が発見と学びです。男子2人の成長期に食費がどれくらいかかるのかを、今から恐れています(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

旋回異常と臍帯が短い
パパの海外出張前に間に合って!待ちに待った陣痛が…消えた?!母娘2人、必死の難産
出血多量で輸血

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。