ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

髪染めよっかな、と思っているみなさん! ヘアカラーによる皮膚炎にご用心!

  • ガジェット通信を≫


まもなく新年度も春もやってきます。

髪色を変えようかな、と思う方も多いのではないでしょうか。

お店でも市販のものでも、いまでは多くの方が使っているヘアカラー剤ですが、中には使用したことで、アレルギー反応を起こし、皮膚炎になることもあって「場合によってはひどく重症化することもある」とインターネットニュースなどでも話題になっています。

今回はヘアカラー液のアレルギー反応によって起こる皮膚炎について医師に聞きました。

ヘアカラー液でアレルギー反応が出るとどうなるの?

ヘアカラーを行うと、ヘアカラーの液によって皮膚炎を起こすことがあります。

【症状】

・ヘアカラー液の触れた頭皮、耳、額周辺のかゆみ

・発疹や発赤 など

ヘアカラー液は洗い流すときに、首筋や肩、頬などに付着することがあります。

そのため、すすぎが不十分だと、ヘアカラー液がかかった部分に同様の症状が出ることがあります。

こういったヘアカラーによる皮膚炎は主に2種類あります。

・刺激性接触性皮膚炎

・アレルギー性接触性皮膚炎

「アレルギー性接触性皮膚炎」の場合、アレルギー反応は遅れてやってきます。

ヘアカラー液を使用して6~12時間経過で皮膚炎の症状が出現、48時間後に症状がピークを迎えるのが、典型的です。

なお、アレルギー反応は全身反応が起こるものです。

ヘアカラー液が付着した部分以外の組織が腫れたり、かゆみが出たりすることは十分に考えられます。

少し症状が出ても我慢して使うと、どうなりますか?

ヘアカラーでアレルギー反応が起こっているのも関わらず、無理に使い続けた場合、以下のような反応が現れます。

・症状の悪化

・頭皮の症状のみでなく、顔全体に腫れや発赤が広がる

・全身のアレルギー症状により呼吸や血圧に異常が出る

・全身の皮膚の発赤や腫脹(しゅちょう)が出る

など

アレルギー反応が出ている場合、最悪の場合は死に至ることも無いとは言い切れません。

アレルギーが起こっても使い続けることは、絶対にやめましょう。


正しいパッチテストのやり方を教えてください

パッチテストは、本番のヘアカラーを行う48時間前に行います。

一度パッチテストは毎回実施してください。

以前にテストを行った結果が陰性だった商品でも、毎回陰性になるとは限りません。体調などが変化してアレルギー反応が出ることがあります。

【テストの方法】

1:テスト溶液を作る

まず実際に使用するヘアカラーの液を(2種類ある場合は2種類を指定された割合で)清潔な容器に取り出し、新しい綿棒でよく混ぜて、テスト用の溶液を作ります。

2:腕の内側に塗布

1.のテスト溶液を、腕の内側の皮膚に小さな円状(10円玉くらい)に綿棒で薄く塗り、自然に乾燥させます。

3:時間を48時間おいて観察する

塗布したら、触らずに30分後と48時間後に塗布した部分の皮膚の状態を観察します。

【テストの結果】

・陽性の場合

もし何らかの変化、例えばかゆみや発赤、発疹、熱感など異常を感じたらテストは陽性です。異変を感じた時点で液をきれいに洗い流し、ヘアカラーは使用しないようにします。

・陰性の場合

48時間経過しても問題がなかった場合は、陰性です。きれいに洗い流し、時間をあけず、ヘアカラーを実施しましょう。

アレルギー反応が出たら、どうすればいいでしょうか?

まず流水でヘアカラーの液を直ちに洗い流します。

症状がさほど重篤ではなくても、皮膚科を受診してください。

病院を受診すると、状態によって、アレルギーを抑える内服薬や、患部に塗る軟膏(ステロイドの場合もあり)を処方されることになるでしょう。もちろん、症状が重篤な場合は、全身管理を必要とする場合もあります。

【医師からのアドバイス】

身近なヘアカラーですが、アレルギーが起こることは、意外と知られていません。

多少でも反応が出ているのに、気にせずそのまま使い続けると、突然、症状が重症化する場合もあるので、必ず使用は中止してください。

なお、アレルギーが出やすい成分は共通なので、症状がみられた場合は、メーカーや商品を変えても、今後、ヘアカラーは使わないようにしてください。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

何故起こる?見た目以上に痒くてツラいヒフのアレルギー
触っただけでかぶれちゃう?身近に起こる【接触性皮膚炎】とは
化粧品を使う前に! 正しい“パッチテスト”で、肌トラブルにさようなら!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP