ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】乃木坂46 新SG『ハルジオンが咲く頃』が独走、ガールズグループがトップ5を席巻中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2016年3月21日~3月23日までの集計が明らかとなり、乃木坂46『ハルジオンが咲く頃』がロケットスタートを切って首位を走っている。

 今回の集計では、ガールズグループが5位までを占めたセールスレポートとなっているが、その中でも乃木坂46の14thシングル『ハルジオンが咲く頃』が圧倒的なセールスでトップに。次週発表のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”でも1位の可能性が濃厚だ。

 2位は作曲を浅倉大介が務めた、東京パフォーマンスドールの4thシングル『逆光×礼賛』。3位はアルバムを同日にリリースした、GEMの5thシングル『Fine! ~fly for the future~』。続く4位は、九州・福岡を拠点に活動するLinQの13thシングル『Supreme』。トップ5最後には、韓国のガールズグループ、Apinkの5thシングル『Brand New Days』が入った。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年3月21日~3月23日までの集計)
1位:乃木坂46『ハルジオンが咲く頃』
2位:東京パフォーマンスドール『逆光×礼賛』
3位:GEM『Fine! ~fly for the future~』
4位:LinQ『Supreme』
5位:Apink『Brand New Days』

関連記事リンク(外部サイト)

アンダーワールド 渋谷をジャックした一夜限りの限定ライブ&アルバム・メイキング映像を公開
藤巻亮太『日日是好日』リリース記念 CHART insight インタビュー
広瀬すず 三角関係に「気持ちだけは嘘つけない」新CM発表会でナオトらを胸きゅん!

Billboard JAPAN
Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP