ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

机にかじりつかなくても上達!? エンタメで英語を学ぼう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

単語や文法を暗記したり、長文を読んだり…。苦手な人にとって、英語の勉強は大変!

 

もっと楽しく英語を学べる方法があったらいいのに…と思ったことない?

 

そこで、海外ドラマや洋楽などを使った「楽しみながら続けられる英語学習」をおすすめしている英語学習コーチの谷口恵子さんに、エンタメを使った英語の勉強法をお聞きすることに!

 

海外ドラマで日常会話をマスター!

 

「最近は、受験やTOEICでも口語に近い“生きた英語”を出題する傾向があります。そこで役立つのが、海外ドラマ。映画は、2時間程度にまとめなければいけないので本筋と関係のない会話はカットされがちですが、ドラマは日常を描いたシーンが多く、ナチュラルな会話が学べるのでおすすめです。勉強に役立てるなら“英語字幕”を活用するといいですよ。

 

30秒ほどの好きなシーンを選んだら、

(1)字幕を表示させずに2回観る。

(2)英語のセリフを聞き取って書き出す。

(3)英語字幕をオンにして答え合わせをする。

(4)日本語字幕をオンにして意味の確認をする。

 

という順番で観てみると、リスニング力がアップしますし、使われている英語フレーズも印象に残ります。また、最初から英語字幕を表示させて字幕を読むことに意識を集中すると、リーディング力の向上にも繋がりますよ。作品を選ぶ時は、医療ものや刑事もののような特殊な単語が多いジャンルは避け、『glee/グリー』や『ゴシップガール』といった、高校生の日常を描いたものから始めてみると楽しく学べると思います」

 

 

洋楽を聴いてリスニング力をアップ!

 

「英語には、単語と単語がつながって違う音に変わる『リエゾン』や、音が消える『リダクション』と呼ばれる発音上の特徴があります。これが聞き取れるようになるとリスニング力が大幅にアップするのですが、英会話のCDを繰り返し聞いて耳を慣らすのは退屈ですよね。そんな時は、洋楽を勉強に取り入れるといいですよ。

 

好きな楽曲を選んだら、

(1)歌詞カードを見ずに10回聴く。

(2)聴こえたままに口ずさむ。

(3)聞き取れない部分を見つける。

(4)歌詞カードを見て、聞き取れなかった部分の英語を確認する。

 

という順番で聴きましょう。聞き取れなかった部分は、リエゾンやリダクションの場合が多いんですよ。歌詞を見ながら、『レリゴーって聴こえてたのは“Let it go”だったんだ! Letの後はitが“リ”に変わるのか』『テルイムって何だろうって思ったけど“tell him”だったんだ。tellの後は“h”を発音しないんだな』などと自分で発見することで、自然と英語ならではの発音に慣れ、記憶にも残りやすくなります。カーペンターズやテイラー・スウィフトは、発音がキレイなのでおすすめですよ」

 

 

ウィキペディアを読んでリーディング力をつける!

 

「リーディング力を身につけるには、たくさん英文を読んで、単語や熟語・慣用句が実際にどのように使われているかを学ぶことが大切です。ただ、難しい内容だと読むのが苦痛になったり、苦手意識をもってしまいますよね。そこでおすすめなのが、ウィキペディア。ページの左端にある言語選択ボタンから『English』をクリックすると、簡単に英語表示に切り替えられます。元々日本語のページでも、正しい英語にリライトされた文章に変換されるので、スポーツ選手やアイドル、著名人など自分が興味のある人物や事柄の説明を、英文で読むことができるんです。

 

好きなページを開いたら、

(1)英語表示に切り替える。

(2)最後まで読んで大まかな内容を理解する。

(3)日本語表示に切り替えて意味を確認する。

(4)英語表示に戻してもう一度読み直す。

 

という順番で読んでみましょう。英語表示に戻して最後に読み直す時は、わからなかった単語や熟語・慣用句を調べながら正確に読み進めると、よりリーディング力がアップします。ウィキペディアは、文中に関連語句のリンクがたくさんあるので、これをクリックして別のページに飛べば、楽しく英文を読み続けることができますよ」

 

 

ちょっと意識を変えるだけで、エンタメとして楽しんでいたものが勉強に役立つなんてびっくり! これなら、英語が苦手な人も楽しみながら学べちゃうかも!?

 

***

■プロフィール

谷口恵子

2002年東京大学法学部卒業。2013年より英語学習コーチとして活動中。ワークショップやサークルなどを主催し、楽しく英語を学ぶための場を設けている。2014年度には通訳案内士試験に合格。TOEICでは980点を誇る。

投稿机にかじりつかなくても上達!? エンタメで英語を学ぼう!はリクナビ進学ジャーナル/大学・短大・専門学校や高校生に関するニュースサイトの最初に登場しました。

関連記事リンク(外部サイト)

国立大学の入試が変わる!2021年までにAO・推薦が3割に?
高校生で留学も夢じゃない! トビタテ!日本代表プログラム
それ本当にあってる?“知識を疑う”授業が公立高校でスタート!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
進学ジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP