体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄の「恩納村」で年間楽しめる観光スポット15選

沖縄の「恩納村」で年間楽しめる観光スポット15選

沖縄と言えば那覇の国際通りで飲んだくれるという僕の勝手なイメージですが、もう一歩上手な沖縄観光がしたい方にお勧めしたいのが、「恩納村」。

ぼくは最初「オンノウムラ」と読んでいましたが、正しくは「オンナソン」です。空港のある那覇から北にタクシーで40分、またはバスで1時間の距離なので、レンタカーを借りて窓を全開にし、南の島の夏風を浴びながら颯爽とドライブをすればあっという間に着いてしまいます!

今回はそんな沖縄は恩納村の、魅力いっぱいなスポットやご当地グルメをご紹介します。

*編集部追記
2016年3月公開の記事に新たに8ヵ所を追加しました。

 

琉球村

tiger777さん(@tiger777)が投稿した写真 – 2014 9月 4 6:21午後 PDT

関東はディズニーランド、関西はユニバーサルスタジオ、沖縄は琉球村!と言ったらちょっと過言な琉球村。沖縄っぽい体験はほとんどこの琉球村で出来ちゃいます。体験プログラムの数は40種類以上!

三線教室や藍染体験、黒砂糖作り、サトウキビ収穫、シーサーオブジェ作り、フォレストアドベンチャー等々・・・選ぶにも選びきれないほどの体験プログラム数。

さらに築80年以上の古民家が移築されているこの琉球村は、敷地内にいるだけ琉球時代にタイムスリップしたかのような気分になれます。
■詳細情報
・名称:琉球村
・住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1130
・アクセス:那覇から沖縄バス・琉球バス路線の名護行きで約60分、琉球村前で下車。
・営業時間:8:30~17:30 夏季9:00~18:00
・定休日:年中無休
・電話番号:098-965-1234
・料金:入場料 大人1200円 子供600円
・公式サイトURL:http://www.ryukyumura.co.jp/official/

 

万座毛

s_pixta_17838215_M

photo by pixta

恩納村の中でも、最も定番とされる観光スポットはここ「万座毛」。象の形をした岩はとても有名で、カメラマンの目を奪って離しません。万座毛の名前はその昔、琉球王国の王様が一万人が座れる毛(モウとは野原のこと)と称讃したことが由来とされています。

その名の通り、万座毛には広大な草原が広がり、寝転がって空を仰ぐと、そこには南の島ならではのブルースカイが視野の隅々にまで広がります。万座毛を撮影する年配の男性がいたので邪魔しないように気づかれないようにご一緒するお茶目な僕がこちらです。

FullSizeRender

photo by KOH

対岸には白い砂浜の美しい万座ビーチもあり、5つ星ホテルのANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートもあります。このあたりのビーチは沖縄本島の中で一番と言ってもいいほど透明度が高く、とても綺麗です。

沖縄でリゾート休暇を楽しむなら万座毛近辺で間違いなし!
■詳細情報
・名称:万座毛
・住所:〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村恩納2870-1
・電話番号:098-966-8258(恩納村商工会)
・駐車場:無料(50台)

 

青の洞窟

Hitomi Hasegawaさん(@15hitomiii)が投稿した写真 – 2016 3月 15 8:51午後 PDT

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。