ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目のスーパーフード黒人参と沖縄産ハーブをブレンド!心と身体に嬉しいベジ&ハーブティー誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いつも飲むお茶を、もっと身体に良いものに変えてみない?

毎日をnaturalでhappyに過ごす価値を提案する、日本発のライフスタイルブランド「natoha(ナトハ)」から3月24日に発売されたのは、注目のスーパーフード黒人参と国産無農薬ハーブを使った日本初の純国産ベジ&ハーブティー「natoha黒人参茶」。


黒人参とは人参の起源種のひとつとも言われ、現在のアフガニスタン近郊で3000年も前から栽培されてきたもの。

一般的なニンジンにも含まれるβカロテン、ビタミンCなどの栄養素だけでなく、ポリフェノールやアントシアニンなどを豊富に含み、糖度が高いスーパーフードとして注目を集めている。また生産環境が限られるため、世界的にも希少品種なのだとか。

同商品は、この抗酸化成分を豊富に含む黒人参と美容や健康に嬉しいハーブをミックスし、気分や用途に合わせて楽しめる3種のブレンド(ビューティ・リラックス・クレンズ)に仕上げたもの。いずれもも2g×10包(ティーバッグ)で税抜1400円。

黒人参は沖縄の太陽の下、除草剤や農薬を一切使わず大切に育てられたものを使用。またハーブも沖縄産無農薬のもののみを用いているため、子供から大人まで安心して楽しむことができる。

午後のゆったりしたひとときを楽しみつつ、身体の中からヘルシー美人になってみない?公式サイトはコチラ(http://www.natoha.com/)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP