ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外で不思議がられる日本人観光客の言動5選~なぜあなたが狙われるのか~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

不穏なニュースが多い昨今ですが、日本で生活する私たちは、日常生活にそこまで緊張感を持っている人は少ないといえます。

ただ、そうした平和な国で育った日本人が外国に出かけると、ちょっと注意した方がいいような言動を思わずしてしまいがち。海外の人たちは、その危機感のなさを不思議に感じているようです。

今回は外務省の海外安全ホームページに公開されている動画『なぜ君がねらわれるのか』を参考に、海外で不思議がられる日本人の言動をまとめます。

1:緊張感が足りず、油断しすぎている

先述の動画には外国人に「若い日本人旅行者の印象は?」とインタビューをするパートがあります。その中でマイクを向けられた外国人が「日本人の若い観光客は警戒心がなさすぎる」と指摘してくれています。

歩道の真ん中で地図やガイドブックを見ながらうろうろしたり、手荷物に注意を払っていなかったり、平気で夜に出歩いたり、現地の人を信用しすぎたり。どの行動も油断しすぎていると見られているようです。

一般の人にすらそう見られているのですから、犯罪者からすれば格好のターゲット。海外でも通用する防犯意識を、日本で暮らしているときから練習して身につけたいですね。

そうすれば身の回りを警戒するという不慣れな時間が長く続いても疲れにくくなりますし、緊張の糸も途切れにくくなるはず。

2:現金を大量に持ち歩く、財布を人前で堂々と見せてしまう

次はお金の話。こちらも先ほどの動画で外国人が答えていますが、「キャッシュを平気で持ち歩く(のは変)」といった声を寄せていました。

旅となると、いつも以上に所有する現金は大きくなりがち。そのキャッシュを平気で持ち歩き、さらには人前で財布を堂々と開いてしまうなどの行為は、トラブルの引き金になると外務省からも指摘されています。

全ての現金を持ち歩かず、ホテルの金庫に残しておくなど、現金の分散化はやはり必須ですよね。またホテルからの移動中もすぐに使う分をポケットに入れ、残りは財布とともにバッグの奥の方に入れておくなど、お金の持ち方を工夫したいですね。

3:世間に揉まれた厳しさや貫禄がない

日本人は海外に行くとすごく若く見られますよね? 筆者も30歳のころに20歳と間違えられた残念な経験があります。

例えば発展途上国に暮らす同世代の人と比べて、一般的に甘やかされた環境で育っている日本人は、世間に揉まれた厳しさや貫禄がなく「子ども」に見られてしまうのですね。

もちろん、日本は急いで自立を求められるような社会にもなっていないのですが、商魂たくましい地元民向けのマーケットなどへ好奇心だけで繰り出してしまえば、お金を巻き上げられてしまう恐れも・・・。

「自分は大丈夫」などと根拠のない自信を持ってしまいがちですが、危ない場所にはやはり近づかない方が無難なのですね。

4:過度な好奇心で、初めて会った人と寝食をともにしてしまう

筆者も何度か経験がありますので偉そうには書けないと先に断っておきます。

ただ、一部の日本人の若者は頭から人を信用してしまう上に、過度な好奇心が勝ってしまうため、初めて会った現地の人と食事をしたり、家に行ったりしてしまうそう。

偶然知り合った人と寝食をともにする旅は、ものすごく楽しい一方でトラブルの原因にもなります。

ちょっと逆から考えてみれば分かるのですが、日本に来た外国人旅行者に対して、成り行きから「食事をご馳走しよう」と誘い掛けても、普通は笑顔で断られます。

見知らぬ外国人と旅先で簡単に寝食をともにするなど、国際的な常識ではありえないのですね。

5:優柔不断で「ノー」と言えない

そのような環境に育った日本人だからか、優柔不断できっぱりと「ノー」と断る強さがないとも指摘されています。

違法のタクシーに客引きされたり、空港で突然「荷物を運んでくれないか?」などと声を掛けらても、「ノー」と答えられず、あいまいな態度で笑ってごまかそうとしてしまいがち・・・。その優柔不断さが、さらにつけこまれる原因になります。

以上が海外で目立ってしまう日本人旅行者の言動や姿。自戒を込めてまとめました。十分に注意したいですね。

[なぜ君がねらわれるのか – 外務省 海外安全ホームページ]
[All photos from shutterstock]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP