ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

図解付き!練習のコツを伝授♪痛ネイルを爪の上手に描く方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

図解付き!練習のコツを伝授♪痛ネイルを爪の上手に描く方法

私が描いてた頃より、痛ネイル、模写ネイル…かなりいろんな方々をFacebookやインスタグラムなどで見かけるようになりました。ぶっちゃけ、絵が描ける方には簡単なこのアート。チップで時間をかけて描いている方の方がまだまだ多いですね!

 

直に爪に行く前に、まず練習のコツを今回はご紹介したいと思います。

まず、チップの表面を軽くサンディング、細かく傷をつけます。下書きをするのでこの方が鉛筆、シャーペンなどで描きやすいのです。描きたいキャラクターのだいたいのバランスを描きます。

 

着色はちょっとずつちょっとずつ進めていきましょう♪

次に、下書きを参考にしてだいたいの色を乗せていきます。ジェルを沢山塗って、厚ぼったくならないように、チョコチョコUVライトで仮硬化しながら進めていきます。

キャラクターに輪郭線を足していって、命を吹き込みましょう♪

次に、細く輪郭線をひきます。絵の具ならやり直しがききますが、ジェルで頑張りましょう。

キャラを印象的に仕上げるには、影や目の光を上手に取り入れて♪

その後、影になる部分を加えていきます。するとだんだんそれっぽくなっていきます!
最後にポイントマークや、目の光など、強調したいところを描きこんでいきます。コーティングのジェルを塗って硬めで終了です!
大きなチップで練習して、だんだん小さくしていくとよいですね!
そして、直に爪に描く時は下書きなしでいきたいので、まずは色んなキャラクターを練習しましょう。 直に描く時は、1キャラ20分〜30分くらいで描けないと、全体でものすごく時間がかかってしまいます。それはまた別の機会に…to be continued

太田さくら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP