ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

使いやすい旅行のスーツケースを選ぶために、知っておくべき8つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅のお供に持って行くといえば、その王道はスーツケース。ですが、いくら最近のスーツケースは軽くて機動性の良い物が多いといっても、やっぱり大きな荷物であることには変わりありません。

旅を楽しむためにも、必要以上でも必要以下でもない、その旅に最も適した、ちょうど良いスーツケース選びが必要です。そこで今回は、旅行期間別にどんなスーツケースを選べばいいのか、その秘訣をご紹介いたします。

 

飛行機に持ち込めるスーツケースのサイズは?

Photo by sydneyairport.com

スーツケースを選ぶ時にまず知っておきたいのでが、飛行機へのお預け可能サイズや持ち込み可能サイズです。制限を超えてしまうと追加料金が取られてしまいます。

スノーボードやサーフボードなど特殊なものは仕方がないですが、スーツケースはどこにでも預けられるサイズで選びたいですね。

 

エコノミークラスかファーストクラスかで持ち込めるサイズは変わってきますが、JALでは 重さ20kgまで。大きさ50cm×60cm×120cmであればどんな場合にも無料で持ち込めます。

ANAになると、これが23kgまで可能です。ちなみに、1週間以上の旅行で使う大型のスーツケースでもよっぽど重いお土産でも入れていない限り、この範囲内に収まります。

 

素材はハードケース?ソフトケース?

photo by pixabay

スーツケースは大きく分けてハードケースとソフトケースの2タイプがあります。ハードケースの特徴は、強度や耐久性があり、中身が壊れる心配がないところです。鍵が標準装備されているため、セキュリティ面も比較的安心です。

デザインも豊富でステッカー等でカスタマイズできるのも魅力です。しかし、両開きのため、荷物の出し入れの際、中身全体が毎回見えてしまうことや、重量があるため持ち上げるのが大変といったデメリットも挙げられます。

一方、ソフトケースは軽く柔軟性があるのが特徴です。狭いところでも中身を取り出せたり、リュックのように背負えるため、複数の都市をスーツケースを持って移動しながら旅行をする場合にバックパックのような使い方ができます。

耐久性やセキュリティ面が心配という方もいるかもしれませんが、滅多なことで穴が開いたりすることはなく、鍵が装備されているソフトケースも多く見られます。しかし、スーツ等型崩れを避けたいものや、ハードケースに比べるとしみが出来やすいといったデメリットがあります。

 

スーツケースの稼働性は?

photo by shutterstock

スーツケースには運びやすさも大切です。この時に注意しておかないと行けないのは、キャスター部分。キャスターが一方向にしか回らないものが時折ありますが、必ず、360度度の方向にも動かせるものにしておくことが便利です。

 

TSAロックは必要?

photo by Sydney Treasures Photography

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局TSAによって認可・容認されているロックのことです。テロ対策のために最も厳しいセキュリティチェックを行うアメリカでは、スーツケースを開けて荷物をチェックすることがあります。そのため、鍵をかけて荷物を預けてしまうと鍵を壊されてしまうことがあります。

「鍵を壊されたくないが、鍵をかけないのは不安」という方のために登場したのがTSAロック。TSA職員が特殊な合鍵を使って開錠できるため、ほとんどのスーツケースに標準装備されています。

しかし、最近では、TSAロックでさえも壊されるケースがあるため、TSAロックであっても鍵をかけずに荷物を預ける場合が増えてきています。従って、TSAロックが装備されているかどうかはあまり気にする必要はないかもしれません。

 

スーツケースベルトは買うべき?

photo by pixabay

海外では、空港で預けた荷物が雑に扱われる場合は多くあります。先にお伝えしたアメリカ旅行の場合のように、鍵をかけずに預けてしまうと、スーツケースが開いてしまうこともあるようです。鍵をかけていた場合でも、ハードケースの場合、投げられた衝撃で鍵が壊れてしまい、中身が飛び出してしまう、なんてことも考えられます。そのような事態を避けるために、ベルトを巻いて預けるのは有効な手段の一つです。

また、似たようなスーツケースが多いため、ターンテーブルで他の人の荷物と区別をつけやすくする、といった役割も果たしてくれます。「必ず必要!」というわけではありませんが、あると便利なグッズですよ。

 

短期間の旅行に。1~4日編

photo by shutterstock

それでは、期間別に適したサイズを見ておきましょう。4日程度までの短い旅行では、45L程度の小さいものがよいでしょう。実際のサイズを見て、少し足りないと思っても60L程度までのサイズで十分です。

お土産をたくさん買って行くんだ!という場合には60Lがよいかもしれません。また、彼氏とのデート旅行であるのなら、二人で75L程度の大きめサイズで行くという手もあります。

 

中期間の旅行に。5~7日編

 Photo by romanceatrandom.com

これぐらいの期間になると、おすすめは50L程度です。なるべく荷物は少ない方が楽なので、60Lまでで抑えたい所ですが、たくさんのお土産を頼まれているんです、というような場合でも80Lまでで行きましょう。

また大勢で行った時には、80Lあることでお土産が入りきらないお友達にスペースを貸してあげることもできるでしょう。旅は持ちつ持たれつ。

 

長期間の旅行に。8日~編

photo by shutterstock

これ以上の期間であっても80L前後のサイズがおすすめです。もちろん、これより大きい80L以上のサイズのスーツケースも存在しますが、長い滞在であれば着替えは現地で洗って使用することをおすすめします。あまりに大きいと移動も飛行機へのお預けも大変です。

 

まとめ

楽しい旅行も重たくて動き辛いスーツケースのおかげでしんどい思い出に…なんてならないように、軽くて丈夫、そして旅行期間に適したサイズのスーツケースを選びましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

プリンは飛行機に持ち込めますか?機内で制限される液体クイズ!
旅ガール「窪咲子」が紹介する!女性必見のおすすめ旅行グッズ!
アウトドアにぴったり!どんなコートにも装着できるヒーター「Touch」が登場
【大公開】目指せ-5kg!旅行の荷物を軽くする7つのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。