体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新大久保「ソルマリ」で味わう現地まんまのネパール郷土料理。インド料理とはこうも違うか!

f:id:Meshi2_Writer:20160124042944j:plain

みなさん、日常から離れて、どこか遠い世界に行きたいな……って思うときありません?

僕、毎日思ってます。特技は現実逃避、どーも、メシ通レポーターのすずきたろう、32歳です。

いやね、今、ユーザーエクスペリエンスがなんだとか非日常がどうとか、言われてるじゃないですか。「メシ通」の読者の方々にも、特別な体験をさせてくれるサービスを作ろうと日々の仕事に汗水流してる人は多いと思います。それは、泥水飲みながら生きてるライターの僕としてもね、一応そういう思いを持っているんですよ。だから、今回はすずきたろう、とっておきの非日常を味わうことができるお店を紹介したいと思います。(本当は内緒にしときたかったけど!)

もはや新大久保=コリアンタウンだけの時代じゃない!?

f:id:Meshi2_Writer:20160124042236j:plain

今回、我々が降り立ったのは東京新宿区、JR山手線の新大久保駅。「なんぢゃい! 今さら、コリアンタウンで非日常とか言われても……」と思ったあなた! まだまだですね。

街は時間とともに変わるんです。あまり知られてないのですが、新大久保を含む新宿区に暮らす外国人で、急激に勢力を伸ばしているのが、ネパール人なのです。統計では現在、約3,000人のネパール人が新宿区で暮らしてるんですよ。

そもそもネパールってどこ?っていう方、まず地図をチェック。

f:id:Meshi2_Writer:20160124054722p:plain

世界最高峰エベレストがある国といえば少しイメージがわくでしょうか。日本のお隣に中国があり、そのまたお隣なので、実は意外とご近所なんですよ。ってそうでもないか。そして南側にはこれまた大国のインドがあります。食べ物的は、なんとなく「インド料理っぽい」と思われている方も多いのではないでしょうか。

というわけで、今回は、ネパール料理店です!できればインド料理との違いも見極めたい、この際。

ただ、知識ゼロ、語学力ゼロの素人だけで乗り込むよりも、ガイド兼通訳がいたらいいな、ということで、こちらの方と一緒にお店を訪ねました。

f:id:Meshi2_Writer:20160124042330j:plain

ネパールから留学生として来日している、シュレスタ・マヘンドラさん。

もちろん日本語はペラペラ、英語とヒンディー語(インド語)も話せるので、ネパール語も含めてマルチリンガル!!

すごい。すずきたろう、勝てる要素がいっこもない……。(ほっとけや)

牛は御法度だけど、水牛なら食べることも

JR新大久保駅から3分ほど歩いて、目抜き通りから路地に入るとすぐに、今回の目的となるお店が見えてきます。

f:id:Meshi2_Writer:20160124042342j:plain

目印はネパール国旗。国旗が四角じゃない国って、ネパールだけかな? お店は建物の2階にあるので階段を上がっていくと、

f:id:Meshi2_Writer:20160124042353j:plain

ネパール料理店「ソルマリ」に到着。この鮮烈な色使い。日本だと神社の鳥居を思い出しちゃうけど、アジアのレストランってこういうヴィヴィッドな感じ、多いですよね。ちなみに「ソルマリ」はネパール語で居酒屋という意味らしいです。

f:id:Meshi2_Writer:20160124042403j:plain

店内に入ると、

f:id:Meshi2_Writer:20160124042521j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。