ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

炎上した作家・藤岡真氏 ブログに続き謝罪掲載のツイッターも閉鎖

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミステリ作家の藤岡真さんが3月20日の夜、Twitter上に「福島の小麦から作った麺なのかよ。人殺し」などと発言し騒動となっていた件で、藤岡さんは発端となったTwitterアカウントに23日謝罪を掲載していたが、その日の夜にはアカウント自体閉鎖していたことが分かった。

【関連:TOKIO麺に「人殺し」発言し炎上した作家 改めて関係者に対し謝罪】

問題の発言があった20日の夜には、人気グループTOKIOが出演する『ザ!鉄腕!DASH!!』の番組企画「世界一うまいラーメンつくれるか!?」が放送された。
発言の中には「TOKIO」と名指ししたものもあるため、問題の発言はそれをさしてのものと思われる。実際、藤岡さんは23日に投稿した謝罪の中で「福島県の皆様、TOKIOの皆様、鉄腕ダッシュの関係者の皆様に深くお詫び致します。」と触れている。

なお、藤岡さんが謝罪を掲載したものを閉鎖するのはこれで二度目。

■二度にわたる「謝罪」掲載ツールの閉鎖

1:ブログでの謝罪→ブログ閉鎖

問題発言があった翌日21日5時頃に、個人ブログ『藤岡真の始の棲家』に考えは変わらないとしつつも言葉に行きすぎた点があったと謝罪を一度掲載していた。

ただしこの時は同時に、発言をTwitterから削除したのは「隠滅が目的ではない」と主張し、改めて削除内容を再掲載する強気な姿勢をみせていた。

ところが謝罪を掲載していたはずのブログは、22日から23日にかけ閉鎖。

・21日朝5時頃に謝罪とともに考えを掲載
・22日夜~23日時間不明にかけブログ自体を閉鎖

2:Twitter上での謝罪→アカウントの閉鎖

そして今度は23日3時頃、Twitterアカウント上に、Twitterの休止を告知するとともに関係者に対する謝罪の言葉を掲載。ところがこれも掲載当日となる、23日の夕方から夜にかけアカウントを閉鎖。Twitter、ブログともに掲載された謝罪は見られなくなっている。

・23日朝3時頃に謝罪を掲載
・23日夕方から夜にかけアカウントを閉鎖

なお、現在も稼働している公式サイト『ミステリ作家藤岡真の部屋』では騒動について一切触れることはなく「暫く更新を休止します。」という文言が掲載されたのみとなっている。

▼参考:
ブログ『藤岡真の始の棲家』の該当記事(Googleキャッシュ
Twitterアカウント@fujiokashin(Googleキャッシュ
公式サイト ミステリ作家藤岡真の部屋(fujiokashin.com

(文:HideI/猪狩秀)

関連記事リンク(外部サイト)

「焼き肉のタレが出てきた」とデマが流れた自販機にニコニコユーザー記者が挑戦
TOKIO麺に「人殺し」発言し炎上した作家 改めて関係者に対し謝罪
TOKIO麺に「人殺し」とツイートした作家 削除内容をブログに再掲載

おたくま経済新聞
カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP