ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新作バーガー開発が相次ぎ「ちょっと異様な盛り上がり」に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ハンバーガーブーム到来! 今春、海外の有名ハンバーガー店の日本進出をきっかけに、国内のチェーン店なども新作バーガーがそろい踏みをする。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏がリポートする。

 * * *
 2015年には、マクドナルドの閉店ラッシュの間隙を縫うように、シェイク・シャック、カールス・ジュニアといった新たなチェーンの上陸が話題となった。昨年末の本稿で「2016年のハンバーガーブームの真の本命は、国内勢だ」と書いたが、いよいよ国内ハンバーガー勢のブレイクが本格化し始めた。

 3月15日発売の『おとなの週末』4月号では「最強のハンバーガー」特集が組まれ、19日発売の『東京カレンダー』4月号も「大人ハンバーガー」特集と各メディアもこぞってハンバーガー、それも「グルメバーガー」と言われる、本格志向の高級バーガーの特集を組むようになった。

「このところのハンバーガーの盛り上がりはちょっと異様ですね。うちでも書き手からも続々ハンバーガーネタが上がってきて、年明けから数えると週1回ペースでハンバーガーの情報が掲載されています」(ぐるなびが運営するWebマガジン「dressing」の松尾大編集長)

 海外の新チェーンオープンから国内個人店の盛り上がりを受けて、各所にバーガー熱が飛び火している。

 フレッシュネスバーガーと介護サービスのユニマットリタイアメント・コミュニティは「”シニアが食べたい”ハンバーガー」の共同開発に乗り出した。

 国内大手のモスバーガーは定番の「テリヤキバーガー」のマヨネーズをクリームチーズに変更した「クリームチーズテリヤキバーガー」を22日から期間限定発売。同日から春夏の定番、バンズの代わりにレタスで具材をはさんだ「モスの菜摘」も発売をスタートした。糖質制限ブームの追い風もあり、9月中旬までの発売期間、例年以上の人気が予想される。

 グランドハイアット東京のステーキハウス「オークドア」でも4月から6月にかけて、ランチ限定の月替わりハンバーガーを発売する。5月には、通常のオークドアバーガーの5個分という巨大な「ジャイアントオークドアバーガー」が、昨年に続き発売される。お値段も8800円となかなかだが、バンズ直径22cm、ビーフパティを1kg使用していることを考えると、むしろこの価格はお値打ちと言ってもいい。

 味わいも業態も多様化するハンバーガー(とその周辺)。長く低迷を続けたマクドナルドも、売上は回復傾向で、2月には客数も33か月ぶりに前年実績を上回った。そして今月、店舗アルバイトスタッフ「マクドナルドクルー」を募集する「クルーになろう。キャンペーン」をスタートさせた。某週刊誌の一行コピー風に言うならば、「次なる一幕(まく)、どうなる。どう?」というところか。

【関連記事】
株主優待だけで生活する男性 マクドナルドの株で食事券獲得
「ハンバーガーは腐らない」の都市伝説にマクドナルドが回答
マック「60秒サービス」開始でポテトの“塩抜き”頼む客増加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。