ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徳川家康の甲冑 見た目派手だが機能性・実用性に優れていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『真田丸』で、主演の堺雅人演じる真田信繁(幸村)や草刈正雄演じる真田昌幸に負けず劣らぬ人気を誇っているのが、内野聖陽演じる徳川家康だ。その徳川家康が戦場で身につけていた甲冑を紹介しよう。

●金陀美具足(久能山東照宮所蔵)

 全体に金箔や金漆が塗られた甲冑は見た目こそ派手なものの、機能性や実用性に優れたもの。桶狭間の戦いの際に家康が身に付けたと伝わっている。重要文化財。

●大黒頭巾形兜(久能山東照宮所蔵)

 江戸幕府を開いた戦国時代の覇者である徳川家康の兜は、七福神の一柱である大黒天の被っている頭巾をかたどったもの。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
「徳川家康は教育パパだった」等歴史上人物の逸話満載した本
理想のリーダーに徳川家康、大石内蔵助、島津義弘らが挙がる
57回の戦で無傷の本多忠勝 小刀で手を切った数日後に死去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP