ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和初期のヤクザ 親分が子分引き連れ戦地に赴くことも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和のはじめ頃のヤクザは、平時においては賭博開帳、あるいは炭鉱や港湾、土木などの労働現場で働き、戦時になれば親分自ら子分を引き連れ戦地に赴くこともあった。人の嫌がる危険な仕事でも、すすんで引き受けたという。

 ヤクザが作った「日本戦後史」を、ジャーナリストの猪野健治氏が解説する。

 * * *
〈○月○○日、「さあ野郞ども出掛けるぞ」の聲に○○○名の乾分(編注:子分)はハネ起きた。そして御用船○○丸は義侠の親分乾分を乘せて○○日の朝、戰火の○○に上陸したのであつた〉

 これは日中戦争の最中、1937年11月発行の『文藝春秋』臨時増刊に掲載された「戰ひの上海から」の一節だ。「○」で伏せ字になっているのは、軍事機密にかかわる部分と思われ、戦時の報道規制ぶりが窺える。

 ここで子分を従えているのは、長崎・宮久一家の親分、宮崎久次郎。記事には、海軍の要請を受け、子分数百人を引き連れ上海に乗り込み、命がけで飛行場を建設するまでの顛末が描かれている。

 当時の上海は軍事的緊張の極みにあり、敵弾が降り注ぐなかで工事が強行された。途中、再三にわたって爆撃を受け〈一時は、賽の河原の石積みの樣に甲斐のない仕事の樣であつた〉という。

 同年8月末に飛行場は完成。艦隊司令部の長谷川長官は宮崎久次郎を旗艦出雲に招き、〈親しく感謝と慰問〉の言葉を伝えた。さらに、この話はヤクザの美談として「誉れの飛行場」と題された浪曲になり、海軍省提供でテイチクからレコードまで発売された。

 この一件は『文藝春秋』に載ったことで広く知られたが、ヤクザが戦場に乗り込んで軍部の仕事を請け負うことは、それ以前から行われていた。

 ヤクザと軍部の関わりが始まったのは日露戦争からで、激戦地となった「203高地」へ武器弾薬や食料を運ぶ兵站を担ったのが最初とされる。

 日露戦争では、京都の砂子川一家の西村伊三郎が伏見の第一六師団から要請を受け、幹部・子分50名を引き連れて従軍し、戦場で軍夫として弾薬運びなどに従事、活躍したことが文献に残されている。

 犠牲者も相当に出たという。軍部は砂子川一家の労を讃え、陸軍の山形の印を代紋として使用することを許可した。そのうえに陸軍は、馬の糧秣と寝藁を独占的に納入する権利まで与えている。

 当時のヤクザは、炭鉱や港湾などで働きつつ、博徒として賭場からあがりを得ていたが、戦時色が濃くなると賭場も開けなくなる。そこで、軍属として戦地に赴き兵站や輸送、施設建設などを担うようになった。日本軍が進駐する土地に拠点を築き、利権に食い込む者も多かったのだ。

 兵士の慰問もヤクザが担った。当時は浪曲が大人気で、興行を仕切っていたのはヤクザである。18歳で興行師として独立し、顔役に登り詰めていた永田貞雄(二代目山口組・山口登組長の義兄弟)は、戦時中に愛国浪曲への転換の音頭を取り、台湾や朝鮮半島、満州、中国本土に拠点をもつ親分衆らと連携し、軍の慰問興行を引き受けた。大陸を横断する浪曲師の一団を送り込んだのもヤクザだった。

 そのほか、軍部からの依頼で慰安所の運営を任されたり、諜報機関である「特務機関」の配下となって、非合法活動に携わったりする者もいた。

 とはいえ、ヤクザが戦場に向かったのは、ただ利権のためだけではないだろう。当時のヤクザは、社会の中で差別されたり虐げられてきたものが多かった。彼らにとって、「お国のために働く」ことは誇りを感じ、「働く意欲」や「信念」に目覚める場所だったはずだ。

●いの・けんじ/1933年滋賀県生まれ。新聞、雑誌の記者、編集者を経てジャーナリストとして活躍中。『やくざと日本人』(ちくま文庫)、『テキヤと社会主義』(筑摩書房刊)など著書多数。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
任侠映画の乱造 社会にヤクザ礼賛の空気形成する援護射撃に
ヤクザ100人調査 生まれ変わってもヤクザになりたい率判明
ヤクザ食生活調査「たいてい吉野家かすき家」と豪語の組員も

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP