ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「片想いソング」を歌う注目の18才デュオ Softly 映画『ちはやふる』コンピCDに初の楽曲提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道苫小牧出身、2人組シンガー・ソングライターSoftlyのメジャーデビューシングル『キミがいい』が、現在大ヒット中の映画『ちはやふる』の4月6日発売コンピレーションCD収録曲に決定した。

 楽曲「キミがいい」は好きになってしまった人へ綴る、心ときめく「片想い」を歌ったキュートなラブソング。女子高生を中心としたティーン世代に、いま話題の曲となっている。(https://youtu.be/nhSgBLptN98)

 収録が決まったことについてMUTSUKI(vo)は、「今回この、映画ちはやふるのコンピレーション収録曲に選ばれてとても感動しました! 私たちにとって初めてのコンピレーション・アルバムへの参加が、原作も読み大好きな『ちはやふる』ということが何より嬉しく思います。私たちも日ごろからよく聴いている大好きな楽曲と並んで、同じCDに収録されているということに驚き、そして嬉しく思います。」と語る。

 また、HARUKA(g&cho)は「今回収録されている楽曲それぞれに、熱くて深い青春を感じるストーリーがあり、それを全曲通して聞いた時に、まさにちはやふるの映画の世界観だ! と思いました。何か上手くいかないことがあった時や、元気が出ない時、挫けそうな時に自分を奮い立たせる時に聴きたいアルバムだ! と思いました。」さらに、映画について「以前、漫画で読んでた『ちはやふる』が映画化されるとなった時からすごく気になっていて「早く見たい!」と楽しみでした! 映像ひとつひとつの音も光も呼吸も繊細で、キラキラしていて、“青春全部かけて何かやる”って素敵なことだなと感じました。千早ちゃんから出る情熱だったり、想いが胸に響いて、気が付けば涙が止まらなかったです。下の句も絶対見ます! 早く見たいです!」と大感激。

 なお、「キミがいい」が収録された『こいのうた ~Inspired by 映画『ちはやふる』』は4月6日に発売。青春、友情、恋……様々な純粋な気持ちや熱い気持ちをテーマにしたコンピレーションアルバムで、現在公開中の映画『ちはやふる』の世界観や、百人一首の言葉に描かれた世界観をイメージし、小泉徳宏監督が監修したコンセプト・アルバムとなっている。

◎コンピレーションアルバム『こいのうた ~Inspired by 映画『ちはやふる』』
2016/4/6 RELEASE
[UICZ-8176] 2,200円+税
【収録曲】
01.Perfume / Dream Fighter
02.GReeeeN / 桜color
03.秦 基博 / アイ
04.チャットモンチー / 恋愛スピリッツ
05.HY / エール
06.FUNKY MONKEY BABYS / それでも信じてる
07.フジファブリック / 若者のすべて
08.大橋トリオ / A BIRD
09.藤原さくら / Just one girl(Original Ver.)
10.クリープハイプ / 寝癖
11.Base Ball Bear / 17才
12.Softly / キミがいい
13.WEAVER / キミノトモダチ
14.東京事変 / 閃光少女
監修:映画『ちはやふる』監督・小泉徳宏

◎メジャーデビューシングル『きみがいい』
2016/02/03 RELEASE
[初回盤(CD+DVD)] UPCH-7105 1,700円(税込)
DVD:「キミがいい」Music Video収録
[通常盤] UPCH-5865 1,200円(税込)
<CD収録内容>
01.キミがいい ※MBS/TBS深夜ドラマ『女くどき飯 Season2』エンディングテーマ
02.その笑顔を見ていたくて ※アクセサリーPePe 2015Xmasキャンペーンソング
03.恋におちたら ※Crystal Kayカバー
04.キミがいい(Instrumental)
05.その笑顔を見ていたくて(Instrumental)
「キミがいい」は、iTunes、レコチョクなどで好評配信中。

◎Softlyワンマンライブ【キミがいい~Hello my friend~】
4月23日(土)札幌Sound lab mole
OPEN 16:30 / START 17:00
料金:前売2,500円 当日3,000円 ※ご入場時ドリンク代別途必要
チケット発売中 ローソンチケット 0570-084-001(Lコード15667)

関連記事リンク(外部サイト)

Softly、メジャーデビューSG曲がドラマタイアップに決定
「北海道に凄い女子高生ユニットが居る!」Softly 1stミニアルバムリリース
広瀬すず「笑顔の演技を難しく感じている」 『ちはやふる』の舞台あいさつにはかま姿で登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP