ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンジュルム&こぶしファクトリー 衝撃の新曲&アクトが次々続々……卒業後の田村芽実を想像させる場面も(ひなフェス取材記事vol.3)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月19日と20日 パシフィコ横浜にて開催された【Hello! Project ひなフェス 2016】。モーニング娘。’16、Juice=Juice&カントリー・ガールズ、アンジュルム&こぶしファクトリー、℃-uteとそれぞれヘッドライナーを務める4公演が用意され、20日11時~は「アンジュルム&こぶしファクトリー プレミアム」が行われた(※各公演別に記事掲載)。

<ヒャダイン作詞作曲の新曲でジェームス・ブラウンばりの“こぶし”>

 前日も「モーニング娘。’16 プレミアム」(http://bit.ly/1q37l3b)と「Juice=Juice&カントリー・ガールズ プレミアム」(http://bit.ly/1Ri1zoH)で強烈なアクトを繰り広げてくれたハロプロの面々だが、この日も同会場で並行開催されていた【遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA & SATOUMIへ行こう 2016】と行き来しながら多幸感溢れるお祭りを創造。

 朝から【Hello! Project ひなフェス 2016「アンジュルム&こぶしファクトリー プレミアム」】が開幕し、まずはこぶしファクトリーが「チョット愚直に!猪突猛進」をパフォーマンス、前山田健一(ヒャダイン)作詞作曲の一度聴いたら口ずさまずにいられないナンバーでジェームス・ブラウンばりの“こぶし”も披露し、会場を一瞬でヒートアップさせる。「今回、こぶしファクトリーは初めてのひなフェス、そして初めてのプレミアム回ということで、最後まで皆さんと全力で楽しみたいと思います! 皆さん、盛り上がる準備はOKですかー!?」朝からフレッシュ過ぎる煽り、そしてBerryz工房イズムを継承する者たちとして「愛の弾丸」カバーを熱唱! そのドラマティックな旋律の上で叙情的に歌い上げ、大きなコールと喝采を生み出す。昨年「日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞した彼女たちだが、その勢いはパフォーマンスにもしっかり反映されていた。

<2016年のアンジュルム「大器晩成」に劣らぬ衝撃作「次々続々」初披露>

 続いて、同じくヘッドライナーのアンジュルムが登場。新メンバー上國料萌衣が加わって初めてのシングル(4月27日リリース)から「次々続々」を披露したのだが、この曲がオーディエンスの度肝を抜くほどに衝撃的だった。昨年、「大器晩成」「臥薪嘗胆」など自分たちのアイドル人生を描いたようなキラーチューンを連発し、その先に「ドンデンガエシ」、そして福田花音の卒業公演で【百花繚乱】を体現するという、見事な大逆転劇を完成させてみせた彼女たちだが、その分、2016年への期待値は上がると言うもので、どんな楽曲を一発目に打ち出すのか注目が集まっていた。もっと言えば「大器晩成」に匹敵するほどのキラーチューンが創り出せるのか? そう思っていた人は少なくなかったと思うが、2016年のチーム・アンジュルムは「次々続々」でその期待に見事応えてみせた。

 「大器晩成」を初めて聴いたときと同様の発明感。イントロからリズミカルに「ツギ・ツギ・ゾク・ゾク・ゾク」という囁きが耳元で繰り返され、異空間へと誘うトラックと共にエッジィなラップや上國料萌衣の「ほんとは誰だっていつだって不安だよ」といったセリフが畳み掛けられ、サビではまるで早口言葉のようなフレーズの連発にシンガロングを誘うコーラスが絡み合い、すべてを聴き終えた後もそれらが頭の中で延々とリピート再生されるという、実に中毒性の高い一撃を用意してみせた。恐るべし、アンジュルム。インフルエンザでお休みだった相川茉穂含む完全版パフォーマンスを観れる日が待ち遠しい。

<「桜ナイトフィーバー」ハロプロ全メンバーが可愛らしい寝顔を>

 ライブ中盤では、昨年の【ひなフェス】でも全出演者が揃って大合唱したKANのカバー「桜ナイトフィーバー」を、今年はこぶしファクトリーが自分たちの持ち歌としてお届けしつつ、そこへ他のグループも桜を片手に次々と登場し、最後は「夜は眠りた~い♪」というフレーズに合わせてハロプロ全メンバーが可愛らしい寝顔を一斉披露! ハロヲタからすれば夢のような光景が眼前に広がる、アイドル然とした演出で楽しませてくれた。

 また、事前に【1回限りの!ソロ&シャッフルユニット抽選会!】で選ばれたハロプロメンバーによるパフォーマンスもあり、ソロは小川麗奈(こぶしファクトリー)によるBerryz工房「桜→入学式」のカバー。まだ初々しさが残るパフォーマンスながらも、それがこの曲の世界観と見事に相まり、甘酸っぱい気分に浸らせてくれた。さらに、上國料萌衣、野村みな美、田口夏実、井上玲音、新沼希空によって結成されたこの日限りのユニット・つぼみファクトリーは、藤本美貴の「会えない長い日曜日」をお届け。こちらも若手揃いのシャッフルユニットであることも手伝って、学生時代の恋愛を思い出せるフレッシュかつノスタルジックなムードを創造。アイドル本来の魅力を十分に堪能させてくれた。

<Juice=Juice宮崎由加vs金澤朋子が相撲バトル! 宮本佳林、大興奮!>

 そしてライブは終盤、各ハロプログループによるこぶしファクトリー楽曲のカバーパフォーマンスコーナーへ突入したのだが、ここでどよめきが起こる。なんと、相撲の寸劇も入ったりするユーモラスなナンバー「ドスコイ!ケンキョにダイタン」を、和の世界観とは全く異なるイメージで活動しているJuice=Juiceが歌い出したのである。しかも「待ったなし!」と、宮崎由加vs金澤朋子の相撲バトルを繰り広げ、それを他のメンバーが見守……宮本佳林は大興奮して飛び跳ねながら観戦するという、激レアなパフォーマンスも。さらにそこへモーニング娘。’16が現れ、12人がかりの「ラーメン大好き小泉さんの唄」である。楽しくない訳がない。飯窪春菜も足の振りコピには苦労したと語りつつも「楽しかった!」と満足気であった。

 そんなこぶしファクトリー楽曲のエンターテインメント性の高さを再認識させられたカバーの後は、本人たちによるパフォーマンスへ。アース・ウィンド・アンド・ファイアー感全開の新曲「押忍!こぶし魂」が披露され、そのディスコティックなグルーヴの上で彼女たちが気合いに満ち満ちた、文字通り“こぶし魂”溢れる歌声をガンガン響かせていく。先日他界したモーリス・ホワイトにも観てもらいたかったと思うほど、ダンスクラシック好きな世代からすると「ブギー・ワンダーランド」を上回るワンダーランド、なかなかに衝撃的な音楽世界がそこには広がっていた。たしかにBerryz工房イズムを継承するグループである。

<田村芽実 ミュージカル女優として活躍する未来も想像させる表現力>

 一方、アンジュルム楽曲のカバーパフォーマンスコーナーでは、カントリー・ガールズ+つばきファクトリーがスマイレージ時代のキラーチューン「スキちゃん」を披露。全メンバーが「スキちゃん! スキちゃん! ○○がスキちゃん!」の○○に名前を入れてみんなに叫んでもらうという、おそらくずっと憧れていたのであろうコール&レスポンスを実現して歓喜していた。そして℃-uteは「七転び八起き」をカバーしたのだが、これが一切の違和感なし! まるで自分たちの楽曲のようにパフォーマンスしてみせ、しっかりとオイオイコールも巻き起こし、アンジュルム以上にクールな表情も決めるという、先輩としての貫禄と実力を見せつけた。

 そして大トリとして再び登場したアンジュルムは、前述の「次々続々」と同じ新シングルに収録される「恋ならとっくに始まってる」を皮切りに、「臥薪嘗胆」「出すぎた杭は打たれない」「私、ちょいとカワイイ裏番長」と攻撃的かつバラエティに富んだラインナップで、まるで自身のワンマンライブのような誰もが歌ってはしゃいで笑いながら楽しんでいる、そんなめちゃくちゃハイテンションだけれどもアットホームな空間を創りだしてみせる。そんなアンジュルムらしいライブにおいて際立って目を引いたのは、5月30日の日本武道館ワンマンをもって卒業する田村芽実。元々アイドル離れしたボーカルと、周りのメンバーを見渡しながら臨機応変に動けるパフォーマンススキルの持ち主ではあるが、この日はいつにも増して歌もダンスもキレッキレ。スクリーンにアップが抜かれる度に惚れ惚れする表情も覗かせ、ミュージカル女優として活躍する未来を想像させた。

<音楽シーンを席巻した2大アイドルチューンメドレーで大団円>

 そんな馬力が半端ないアンジュルム&こぶしファクトリーのプレミアム回は、最後に全ハロプロメンバーを召集した上で「念には念(念入りVer.)(こぶしファクトリー曲)~大器晩成(アンジュルム曲)」という、2015年の音楽シーンを席巻した2大アイドルチューンメドレーで大団円。室田瑞希(アンジュルム)や野村みな美(こぶしファクトリー)など劇的進化を遂げている若手メンバーがその輝きを放つ中、和田彩花が誰よりもエモーショナルかつエレガントに歌い踊っていたりと、どこに注目していいか分からなくなるほどのショータイムを前にして、オーディエンスはこの日最大のコールやシンガロングで呼応していた。まさにお祭り。これぞ【ひなフェス】である。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:内山直也

◎イベント【Hello! Project ひなフェス 2016「アンジュルム&こぶしファクトリー プレミアム」】
03月20日(日)パシフィコ横浜 展示ホールA/ホールB セットリスト:
01.チョット愚直に!猪突猛進/こぶしファクトリー
02.愛の弾丸(Berryz工房カバー)/こぶしファクトリー
03.次々続々/アンジュルム
04.ドンデンガエシ/アンジュルム
05.おへその国からこんにちは/ハロプロ研修生
06.キャベツ白書~春編~/つばきファクトリー
07.気高く咲き誇れ!/つばきファクトリー
08.恋泥棒/カントリー・ガールズ
09.ランラルン~あなたに夢中~/カントリー・ガールズ
10.大人の事情(NEXT YOU曲)/Juice=Juice
11.Next is you!(NEXT YOU曲)/Juice=Juice
12.Tokyoという片隅/モーニング娘。’16
13.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~/モーニング娘。’16
14.人生はSTEP!/℃-ute
15.The Middle Management~女性中間管理職~/℃-ute
16.桜ナイトフィーバー/こぶしファクトリー(※全出演者登場)
17.桜→入学式(Berryz工房曲)/小川麗奈(こぶしファクトリー)
18.会えない長い日曜日(藤本美貴曲)/つぼみファクトリー(上國料萌衣・野村みな美・田口夏実・井上玲音・新沼希空)
19.ドスコイ!ケンキョにダイタン(こぶしファクトリー曲)/Juice=Juice
20.ラーメン大好き小泉さんの唄(こぶしファクトリー曲)/モーニング娘。’16
21.押忍!こぶし魂/こぶしファクトリー
22.恋の呪縛(Berryz工房曲)/こぶしファクトリー
23.一丁目ロック!(Berryz工房曲)/こぶしファクトリー
24.スキちゃん(スマイレージ曲)/カントリー・ガールズ+つばきファクトリー
25.七転び八起き(アンジュルム曲)/℃-ute
26.恋ならとっくに始まってる/アンジュルム
27.臥薪嘗胆/アンジュルム
28.出すぎた杭は打たれない/アンジュルム
29.私、ちょいとカワイイ裏番長/アンジュルム
30.念には念(念入りVer.)(こぶしファクトリー曲)~大器晩成(アンジュルム曲)/全員

関連記事リンク(外部サイト)

Juice=Juice&カントリー・ガールズ 際限なきアイドルの可能性……モーニング娘。譜久村聖の2年連続ソロも(ひなフェス取材記事vol.2)
モーニング娘。’16 新たな物語の始まり……各ハロプログループのプライド滲むカバーアクトも(ひなフェス取材記事vol.1)
モーニング娘。’16 鈴木香音にとってのラストツアー初日公式レポート到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP