体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

50周年を迎える名盤『ペット・サウンズ』のスペシャル記念エディションが6/10にリリース

50周年を迎える名盤『ペット・サウンズ』のスペシャル記念エディションが6/10にリリース

 リリースから50周年を迎えるビーチ・ボーイズの名盤『ペット・サウンズ』のスペシャル記念エディションが、2016年6月10日に発売される。

 1966年5月16日発表のアルバム『ペット・サウンズ』は、ポピュラー音楽史上最も重要なアルバムの一枚と呼ばれている。このマスターピースの発売50周年を記念し、スペシャル拡張版がリリースされる。

 4CD&Blu-ray Audioからなるコレクターズ・エディションは、リマスターされたオリジナル・アルバムのステレオ、モノ音源に加え、ハイレゾのステレオ、モノ、インストルメンタル音源、さらに5.1サラウンド・ミックス、セッション・アウトテイク、オルタネイト・ミックス、そして未発表ライヴ音源が堅表紙本のパッケージに収納。2CDとデジタル・デラックス・エディションには、リマスターされたオリジナル・アルバムのステレオ、モノ音源とコレクター・エディションからのハイライトが収録される。

 また、180gLPアルバムはリマスターされたオリジナル・アルバムのモノ、ステレオ音源がオリジナルを忠実に復刻したアートワークに収めれている。

 今年は、「グッド・ヴァイブレーション」の50周年イヤーでもあり、秋には記念盤のリリースが予定されている。

 さらに、ビーチ・ボーイズの中心人物であったブライアン・ウィルソンが再現する【ブライアン・ウィルソン 『ペット・サウンズ』50周年アニバーサリー・ジャパン・ツアー】が4月に東京と大阪で開催される。

◎『ペット・サウンズ』<50周年アニバーサリー・コレクターズ・エディション>トラックリスト
【Disc 1】
ペット・サウンズ (モノ) / Pet Sounds (Mono) [Track 1-13]
ペット・サウンズ(ステレオ) / Pet Sounds (Stereo) [Track 14-26]

1. 素敵じゃないか / Wouldn’t It Be Nice
2. 僕を信じて / You Still Believe In Me
3. ザッツ・ノット・ミー / That’s Not Me
4. ドント・トーク / Don’t Talk (Put Your Head On My Shoulder)
5. 待ったこの日 / I’m Waiting For The Day
6. 少しの間 / Let’s Go Away For A While
7. スループ・ジョン・B / Sloop John B
8. 神のみぞ知る / God Only Knows
9. 救いの道 / I Know There’s An Answer
10. ヒア・トゥデイ / Here Today
11. 駄目な僕 / Just Wasn’t Made For These Times
12. ペット・サウンズ / Pet Sounds
13. キャロライン・ノー / Caroline, No

ボーナス・マテリアル / Additional Material
27. キャロライン・ノー (プロモ・スポット#2) / Caroline, No (Promotional Spot #2)
28. ドント・トーク (バックグラウンド・ヴァーカル) / Don’t Talk. . . (Vocal Snippet)
29. ハング・オン・トゥ・ユア・エゴ (別ミックス) / Hang On To You Ego (Alternative Mix)
30. キャロライン・ノー(プロモ・スポット#1) / Caroline, No (Promotional Spot #1)

【Disc 2】
ペット・サウンズ・セッションズ / The Pet Sounds Sessions
1. スループ・ジョンB(セッション) / Sloop John B (Highlights from Tracking Date)
2. スループ・ジョンB(ステレオ・バッキング・トラック) / Sloop John B (Stereo Backing Track)
3. トロンボーン・デキシー (セッション) / Trombone Dixie (Highlights from Tracking Date)
4. トロンボーン・デキシー (ステレオ・バッキング・トラック) / Trombone Dixie (Stereo Backing Track)
5. ペット・サウンズ(セッション) / Pet Sounds (Highlights from Tracking Date)
6. ペット・サウンズ(ステレオ・バッキング・トラック) / Pet Sounds (Stereo Backing Track)
7. 少しの間 (セッション) / Let’s Go Away For Awhile (Highlights from Tracking Date)
8. 少しの間 (ステレオ・バッキング・トラック) / Let’s Go Away For Awhile (Stereo Backing Track)
9. 素敵じゃないか(セッション) / Wouldn’t It Be Nice (Highlights from Tracking Date)
10. 素敵じゃないか (ステレオ・バッキング・トラック) / Wouldn’t It Be Nice (Stereo Backing Track)
11. 素敵じゃないか(ステレオ・トラック・ウィズ・バックグラウンド・ヴォーカル) / Wouldn’t It Be Nice (Stereo Track with Background Vocals)
12. 僕を信じて(イントロ・セッション) / You Still Believe in Me (Intro – Session)
13. 僕を信じて(イントロ・マスター・テイク) / You Still Believe in Me (Intro – Master Take)
14. 僕を信じて(セッション) / You Still Believe in Me (Highlights from Tracking Date)
15. 僕を信じて(ステレオ・バッキング・トラック) / You Still Believe in Me (Stereo Backing Track)
16. キャロライン・ノー(セッション) / Caroline, No (Highlights from Tracking Date)
17. キャロライン・ノー(ステレオ・バッキング・トラック) / Caroline, No (Stereo Backing Track)
18. ハング・オン・トゥ・ユア・エゴ(セッション) / Hang On to Your Ego (Highlights from Tracking Date)
19. ハング・オン・トゥ・ユア・エゴ(ステレオ・バッキング・トラック) / Hang On to Your Ego (Stereo Backing Track)
20. 救いの道 (ヴォーカル・セッション) / I Know There’s An Answer (Vocal Session) ※未発表
21. ドント・トーク (ブライアンのピアノ・デモ) / Don’t Talk (Put Your Head on My Shoulder) (Brian’s Instrumental Demo)
22. ドント・トーク (ステレオ・バッキング・トラック) / Don’t Talk (Put Your Head on My Shoulder) (Stereo Backing Track)
23. ドント・トーク(ストリングス・オーヴァーダブ) / Don’t Talk (Put Your Head on My Shoulder) (String Overdub)
24. 駄目な僕 (セッション) / I Just Wasn’t Made for These Times (Highlights from Tracking Date)
25. 駄目な僕 (ステレオ・バッキング・トラック) / I Just Wasn’t Made for These Times (Stereo Backing Track)
26. ザッツ・ノット・ミー(セッション) / That’s Not Me (Highlights from Tracking Date)
27. ザッツ・ノット・ミー (ステレオ・バッキング・トラック) / That’s Not Me (Stereo Backing Track)

1 2 3 4次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。