体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス・パリに行ったら外せないおすすめ美術館TOP20

生活・趣味
Photo credit: シュミノ ハバ「子連れでパリ 〜ルーブル&アメリのカフェ〜」

Photo credit: シュミノ ハバ「子連れでパリ 〜ルーブル&アメリのカフェ〜」

こんにちは! Compathy Magazineライターのkomiです。
芸術の都パリには、たくさんの美術館が集まっています。パリの三大美術館であるルーブル、オルセー、国立近代美術館、その他にも著名な画家の作品を集めているところや、フランスの美しい装飾品について知ることができる美術館などさまざまです。
今回は、芸術に浸れるパリのおすすめ美術館TOP20を一挙にご紹介します! 

パリの美術館マップ

1. ルーブル美術館

Photo credit: Sayuki Takano「よーろっぱ!」

Photo credit: Sayuki Takano「よーろっぱ!」

世界三大美術館の1つに数えられ、年間来場者数800万人を誇る超大型の美術館です。ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」や古代ギリシャの彫像「ミロのヴィーナス」など、世界的に有名な作品が数多く展示されています。国王の宮殿をそのまま使用しているので、美術館自体にも注目してみてくださいね。

ルーブル美術館(Musée du Louvre)
住所:Place du Carrousel, 75001 Paris, France
電話番号:+33(0)1-4020-5317
開館時間:(月、木、土、日)9:00〜18:00(水、金)9:00〜21:45
休日:火曜日、1/1、5/1、12/25
料金:€15
ホームページ:http://www.louvre.fr/jp

2. オルセー美術館

Photo credit: Yukiko Tateoka「初フランスの旅」

Photo credit: Yukiko Tateoka「初フランスの旅」

印象派画家たちの作品を数多く展示している国立美術館で、セーヌ川沿いに建てられています。優しいタッチの印象派が好みの方は、気に入ること間違いなしの美術館ですよ。
ルノワールの絵画「田舎のダンス」と「都会のダンス」が並べて展示してあるなど、見どころ満載です。美術館内には、豪華で美しい内装のレストランもあります。

オルセー美術館(Musée d’Orsay)
住所:62 rue de Lille 75343 Paris cedex 07 France
電話番号:+33(0)1-4049-4814
開館時間:(火、水、金〜日)9:30〜18:00(木)9:30〜21:45
休日:月曜日、5/1、12/25
料金:€12
ホームページ:http://www.musee-orsay.fr

3. ポンピドゥーセンター国立近代美術館

Photo credit: Motoko Birkenheier「プチパリ生活20日間 / Paris」
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会