ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ザリピエ村」は花柄で溢れかえる!そこは、まるで絵本の世界でした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私が海外を旅していた頃、縁があって仲良くなった旅人に強く勧められたポーランドの「ザリピエ」

ポーランド人でさえも知る人が多くないと言われるこの村にはフラワーペイントが民家の壁一面に描かれた絵本の世界に迷い込んだような景色が広がっています。

一見すると女性向けの観光スポットのように見えますが、男一人でも十分に楽しめる心躍る場所でした。

photo by Bilk Thorn

ザリピエ村とは?

photo by Kenta Sugizaki

ザリピエはポーランド南部のクラクフから東に約100kmに位置する小さな村です。

最もポピュラーな行き方はクラクフからまず、タルヌフという中間の町までバスに乗り、そこからザリピエ方面に向かうバス乗り換えます。

片道約4時間ほど。2~3時間ほどで全て見て周れるのでクラクフからの日帰りがベストです。

ザリピエには畑の周りに家々が点在しており、民家の壁に鮮やかな花柄模様が描かれていることで知られています。

あまり観光地化されておらず宿泊施設やレストランが無く人通りも少ない静かな村ですが、その素朴な雰囲気に心が和やかになります。

 

フラワーペイントのはじまり

photo by Kenta Sugizaki

フラワーペイントの起源は19世紀頃だと言われています。その昔、ここザリピエでは冬の寒さが厳しく、人々にとって暖炉は辛く長い冬を過ごすのに必要不可欠なものでした。

しかし、当時は家に煙突が無かったために冬が終わると天井や壁が煤で黒くなってしまうことが人々にとっての悩みでした。

 

そこで、当時の一人の女性がそれを綺麗にするのと同時に「春に咲く花が一年中見られるように」という願いを込めて民家の壁に花柄の絵を描き始めたのがフラワーペイントの始まりだと言われています。

私がザリピエの村を歩いていた時には母と娘が一緒に壁に描いている光景を見ることができ、今でもその文化は大事に受け継がれているようでした。

 

フォトジェニックな風景

photo by Kenta Sugizaki

photo by PolandMF

photo by PolandMFA

ザリピエでは至る所で色やデザインも様々なフラワーペイントが施されています。

民家の壁だけでなくベンチや井戸にも細かな模様を見ることができます。

 

また、村の中心に位置するコミュニティセンターではザリピエの歴史を学ぶことができ、さらには花柄模様が施された雑貨を買うこともできます。

実際に雑貨を製作しているところも気軽に見せてくれるのでついつい買いたくなってしまうかもしれませんね。乙女心がくすぐられること間違いないでしょう。

 

まとめ

周りを畑に囲まれたザリピエにはフラワーペイントという独自の文化が根付いており、お洒落で可愛らしいそのアートについつい見惚れてしまいます。

 

ポーランドはアウシュビッツなど歴史的な背景から少々暗いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、こうした明るく人々の心を温かくしてくれる素敵な場所も存在します。

少々アクセスが不便ではありますが訪れると一生忘れないであろう風景がそこにはあることでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

ワガママな女一人旅がしたいなら、ニュージーランドをおすすめする10の理由
私も現地の方も盛り上がる!女子らしい旅のおしゃれアイテム
ワタシだって旅できるもん!女性の一人旅が綴られたブログ7選
「かわいい子には旅をさせよ」怖がらずに自分の殻を破ってみろ!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP