ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まち全体がホテル!東京・谷中の「hanare」に泊まってみたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテルに見立てています。

さあ、まちに泊まろう。


ゲストはまず、文化複合施設であるHAGISO2Fのレセプションでチェックイン。コンシェルジュからウェルカムドリンクとともにまちの情報やルールを伝えてもらいます。

レセプションにはショップが併設。ここでしか出会えないHAGISOゆかりの作家の作品も購入可能です。

一度HAGISOを出て、まちを歩きながら宿泊棟へと移動。古い建物をリノベーションして設えられており、周囲の民家に並んで街並みを形成する建物のひとつとして存在しています。レセプションとの距離感は、まさに「離れ」ですね。

身支度が済んだら、まちへ繰り出しましょう。

大浴場はまちの銭湯。ホテル自慢のレストランはまちの美味しい飲食店。お土産屋さんは商店街や路地に店を構える雑貨屋さん。文化体験はまちのお稽古教室やお寺で。レンタサイクルは自転車屋さん(しかも、tokyobike!)で借りることができますよ。



以下の動画には、古くからの姿が残る下町・谷中で、日本の文化に触れる外国人観光客の様子が。確かに最近は、いわゆる“谷根千エリア”を訪れる外国人が増えていますよね。

とはいえこのコンセプトは、きっと日本人にだって広く受け入れられるはず。あなた次第で、まちはホテルになるのです。宿泊プランや料金はHPをチェックしてみてください。

映像制作:みかなぎともこ(heyabaji)

Licensed material used with permission by hanare

関連記事リンク(外部サイト)

都内で味わえる本物の源泉掛け流し。天然温泉「さやの湯処」に行ってみたい・・・
アナタも経験あるはず!帰国後すぐ、旅に出たくなる「10の理由」
【ハワイの穴場】平日は立入禁止 オアフ島の「ベローズビーチ」が美しすぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP