ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

りんごは冷蔵庫の嫌われ者!? 一緒に入れるものに要注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫
https://lh3.googleusercontent.com/-X-G2VtG_8ms/VuKSIZSjn2I/AAAAAAAADJc/U9mo7UiWn8I4jh0OQGMmmb7llHFGeR7wACCo/s481-Ic42/160324.jpg

美味しいりんごを長持ちさせたいときは、冷蔵庫で保存するのが一番。しかし、そのときはビニール袋に入れてしっかり口を閉じることが大切です。なぜなら、りんごは冷蔵庫に一緒に入れられた他の野菜や果物を傷ませてしまうことがあるのです。

成長促進させるエチレンガス

それはりんごが呼吸して大量に出す「エチレンガス」という物質のせい。このエチレンガスは野菜や果物の熟成を早める成分なのです。りんごは自分自身を成熟させるためにエチレンガスを放つのですが、これが周りの果物や野菜にも影響を与えてしまいます。熟成が進むということは、その分腐敗に近づくということであり、結果として周りの野菜や果物が傷んでしまうのです。だから、りんごを冷蔵庫に保存するときはエチレンガスが周りに飛ばないように、しっかりと口を閉めて密封するようにしましょう。

りんご以外にもエチレンガスが出るものが!

ちなみにこのエチレンガスは、りんご以外にメロンや桃、キウイ、アボカド、カット野菜からも発生します。

青いバナナやじゃがいもと相性◎

しかし、りんごのエチレンガスは周囲の野菜や果物に悪影響を与えるだけではなく、いい影響を及ぼすこともあります。固いキウイ、青いバナナやトマトなどの未熟な果物や果物をりんごと一緒にしておくと、エチレンガスの影響で早く追熟が進んで食べ頃になるのです。また、じゃがいもはりんごと一緒に保存することで長持ちするようになります。これはりんごのエチレンガスがじゃがいもを休眠状態にして発芽を抑える効果があるためです。りんごを冷蔵庫に入れるときは、このエチレンガスの効果をいいほうに利用するようにしたいですね。

おすすめのレシピ

材料2つ!りんごのゆず漬けのレシピ | 料理サプリ

紅玉りんごの薄焼きパイのレシピ | 料理サプリ

アップルシナモントーストのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

サラダ油の“サラダ”ってなんのこと!?
「卵」と「玉子」はどちらが正しい!?
ジャム、マーマレード、コンフィチュール――3つの違いって何?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。