ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ディズニーが『プリデイン物語』の映画化を進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ウォルト・ディズニーは、著名なファンタジー文学作品『プリデイン物語』の映画化権を取得し、プロジェクト開発の初期段階にある。本誌ヴァラエティが掴んだ。

『プリデイン物語』はロイド・アリグザンダーによるウェールズ地方の神話をベースとした児童文学で、5冊のシリーズで構成されている。主人公のタランが青春期から成長していく過程を追ったもので、1964年から68年にかけて毎年出版された。タランは豚飼育補佐をしていたが、将来、英雄になることを夢見た。

物語は古代のウェールズ地方に似た魔法の国プリデインを舞台に、死の国アヌーブンとの一連の戦いを描いている。

重要人物として、若き王女エイロヌイや吟遊詩人のフルダー・フラム、ガーギと呼ばれる奇妙な生き物などが登場する。

『ブリデイン物語』のシリーズ5冊のタイトルは、それぞれ『タランと角の王』、『タランと黒い魔法の釜』、『タランとリールの城』、『旅人タラン』、『タラン・新しき王者』である。最後に出版された『タラン・新しき王者』は、児童図書館協会が最も優れた児童文学の著者に贈るジョン・ニューベリー賞を受賞した。

サム・ディッカーマンがディズニー幹部として本プロジェクトに関わる。プロデューサー、監督、脚本家は決まっていない。

『ブリデイン物語』シリーズの最初の2冊は、1985年に公開されたディズニーのファンタジーアニメ映画『コルドロン』の原作となった。物語では、魔王ホーンド・キングが、世界征服という己の欲望のために、古代の魔法の大釜を手に入れようとする様子が描かれている。

テッド・バーマンとリチャード・リッチが監督した同作は、コンピューターで生成した映像を使った初めてのディズニーアニメ映画となった。4400万ドルの予算で製作されたが、大きな関心を集めることなく、米国内での興行収入は2100万ドルにとどまった。また、その後10年以上に渡り、ホームビデオとして販売されることもなかった。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP