ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂 「Wii U」生産中止報道の裏に新型機「NX」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 任天堂が据え置き型ゲーム機「Wii U」の生産を年内で終了させる──3月23日、日本経済新聞がこう報じたことで、多くのユーザーやゲームファンに動揺が走った。

 確かにWii Uは累計販売台数1億台を超えた旧モデルの「Wii」に比べれば1300万台弱と振るわないが、2012年末の発売から3年あまりしか経っていないハード機。最近Wii Uを購入したユーザーから、「ハードを作らなくなれば、対応する新作ソフトも少なくなるのでは?」と心配の声が挙がるのも当然だろう。

 任天堂は日経の報道に対して公式コメントこそ出していないが、一部専門メディアには〈来期以降も生産は継続して行う予定だ〉と否定している。なぜこのような“誤解”が生じてしまったのか。エース経済研究所アナリストの安田秀樹氏がいう。

「もともとWii Uの年間販売計画は340万台と控えめだったところに、昨年末から今年にかけて『Splatoon(スプラトゥーン)』や『スーパーマリオメーカー』といったソフトが任天堂の想定を超えるミリオンヒットとなったため、Wii Uが深刻な品薄に陥ってしまったのです。

 もちろん任天堂も増産に向けた対応はしているようですが、在庫を切らした半導体部品の供給が追い付かず、ハード機が市場に出回らない状態は続いています。そうした背景が生産終了の報道につながったのかもしれません」

 だが、その一方で「時期は未定だが、Wiiビジネスは早晩、収束させる予定だった」(業界関係者)との観測が広がっていたのも事実。その根拠になっているのが、今年中に発表予定の新型ゲーム機「NX」の存在だ。

「NXはおそらく6月に米国で開催されるE3(世界最大のコンピューターゲーム関連の見本市)に合わせてお披露目されることになるだろう。

 任天堂としてはこれまでWii Uや携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』にかけていた開発費や人的資源をNXに傾けて、一気に販売スピードを上げる体制を整えている。裏を返せば、NXが確実に売れる自信を持っているからこそ、Wii Uの生産終了も視野に入れている――との見方はできる」(前出・業界関係者)

 いずれにせよ、スマホゲームなどに押されて家庭用ゲーム機のライフサイクルがますます早まる中、任天堂の業績は苦戦を強いられている。2016年3月期の決算では純利益6割減(170億円)を見込むほど、高収益体質を維持するのが難しい時代となった。

 だが、前出の安田氏はこんな期待を寄せる。

「スプラトゥーンのヒットもそうですし、業務提携を結んだDeNAと共同開発したスマホ用アプリの『Miitomo(ミートモ)』が、3月17日の配信開始からわずか3日でユーザー数が100万人を突破したことをみても、任天堂ブランドに対するユーザーの関心は根強いままです。

 これらの良い流れをNXの販売に繋げることができたら、再び家庭用ゲーム機市場も盛り上がってくると思います」

“任天堂の顔”として知られた岩田聡前社長の急逝に伴い、昨年9月から社長に就任した君島達己氏は、元銀行マンという経歴もあり「堅実経営」のイメージが強い。莫大な投資が必要なゲーム業界で、新体制はどこまで“売れるゲーム”に賭けることができるのか――。任天堂の未来を占う意味でも、NXの発表が待たれるところだ。

【関連記事】
任天堂・岩田社長 滅多に飲み歩かず何よりゲーム好きだった
ゲーム市場のソニーと任天堂 成功体験に縛られ取り残される
任天堂スマホゲーム進出 「儲けは二の次」の狙いを識者解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。