ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

荒汐部屋の猫親方モル 蒼国来が名付け親で意味は「猫」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・中央区の早朝、廻し姿の力士たちが、荒汐(あらしお)部屋の稽古場へと下りてくる。

「おはよう、関取! 今日の調子はどう? 稽古、稽古、なにはなくともとにかく稽古だよ!」

 階段で部屋頭の蒼国来(そうこくらい)関に声をかけたのは、猫のモル親方。荒汐部屋にまだ弟子が3人しかいなかった頃から苦楽を共にした仲だけに、遠慮がない。

「俺と関取が出会ったのは、11年前。関取は内モンゴルから日本に来たばかりで、親猫とはぐれた俺と気が合ったのかも」

 名づけ親も、蒼国来関。「モル」というのは関取の故郷である内モンゴルの言葉で「猫」という意味で、そのまま名前になった。

「今は12人の力士と、行司、床山、そして俺の親代わりでもある親方とおかみさんが家族。毎日にぎやかでいいよね」

 おかみさんは「モルが来てから、いろんなことがうまくいくようになったのよ。部屋の招き猫ね」と目を細める。

「若いころは地方巡業にも一緒に行ったもんさ。でもさすがに10才を過ぎたあたりから持病が出てきて留守番に。テレビや新聞で結果をチェックしながら、ここで応援するんだ。『みんな、頑張れよ!!』って」

 稽古が終わると、ちゃんこ場で髷を結い直す関取としばしお遊びタイム。部屋のみんながモル親方を頼りにし、そして愛しているのである。

【プロフィール】
名前:モル ♂
年齢:11歳(推定)
種類:猫
勤務先: 荒汐部屋
職種:親方
主な仕事内容:力士たちと生活を共にして、励ましや癒しになること。
お給料:部屋の力士の勝ち星!
好きなこと:テリトリーのパトロール。たまにはカノジョとデートも。
嫌いなこと:細かいことは気にしないので、特になし!
現在の悩み:持病のため、大好物の焼き海苔がドクターストップになったこと。
将来の夢:ずっとここで荒汐部屋のみんなを見守っていたい。

撮影■山口規子

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
ガチンコ部屋の鳴戸部屋 “変な相撲”を取ると親方が殴る
力士は「米びつ」 1人あたり年間約180万円を部屋に支給
「鶏尽くしちゃんこ」が圧巻の東関部屋 白米は1日70合消費

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP