ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「斜め45度」が止められない・・・ロシア人インスタグラマーの偏愛写真24枚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつしかこのデュアルワールドの奥深さに、あなたもハマっていくに違いない。

無意識に気がつくと
この世は“斜め45度”に
あふれている!

たとえば、この一枚の写真。川沿いの土手にできた轍の上を自転車が走る。何のことはない風景写真ともとれる。が、写真の右上と左下に注目してほしい。寸分たがわぬ位置にピタッと角と角を意図的に合わせているのが分かるはず。こうして生み出されるのが角度45度だ。

撮影者は、ロシア人インスタグラマーのSergey Minkinさん。彼のただひとつのこだわり、それが平面と物体(または人物)を融合させて「斜め45度」の世界観をつくりだすこと。カメラを斜めに構え、意図的に角度を付けたものではない。すべては、日常の中にあるものから、斜めな世界を切り取っていくのが彼の技法。

「街を歩いていても、どこかに45度で構成されたものを無意識的に探してしまっているんです。いつも、『これが最後』って心に誓うんだけど」

勝手な心配だが、完全に彼の中でフェティッシュ。
それでは、Sergeyさんの偏愛作品をどうぞ。きっと、最後まで行き着くころには、自然と首が左に傾いていることだろう。
いつしか、これが
デフォルトになってくる






















Licensed material used with permission by teaforbear

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
ねこの寝床をつくったら「食パン」に飛び込んでいるみたいになりました。
57曲のクラシック音楽を組み合わせたら・・・「極上に癒される一曲」が完成

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP