ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アノニマスデザインから名作まで一堂に! メトロクスでヴィンテージ家具フェア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年3月19日(土)から4月30日(土)まで、東京・新橋のMETROCS(メトロクス) 東京店で、「METROCS VINTAGE FAIR(メトロクスヴィンテージフェア)」が開催されています。

本フェアのためにオランダをはじめとしたヨーロッパ各国でヴィンテージアイテムを買い付け。これまでメトロクスでは、有名なデザイナーのプロダクトや希少価値が高いアイテムにフォーカスしてきましたが、今回紹介するアイテムの中には、デンマークやオランダの学校で使われていた椅子など無名のアイテムも多く含まれています。

もちろん、Giancarlo Piretti(ジャンカルロ・ピレッティ)がデザインした椅子「Plia(プリア)」やラスムッセン兄弟デザインのオフィスチェア「KEVI(ケヴィ)」など、名作もラインアップ。チェア、スツールは複数台ずつ用意されています。

いずれにも共通するのは、シンプルなデザインでカジュアルに使え暮らしに取り入れやすいこと。ヴィンテージ家具の愛好家はもちろん、気になっているけどなかなか手を出せずにいる方にもぴったりなフェアです。ぜひお店で時を経た家具が持つ味わいを感じてみてください。

1960年代頃、オランダの学校用品を製造するメーカーで作られた子供用の椅子「ダッチキッズチェア」。小さく可愛らしい雰囲気とは対照的に、とても頑丈なつくりの椅子です。

1960年代のオランダらしいインダストリアルな「ダッチスタッキングチェア」。オランダを代表するデザイナーのFriso Kramer(フリゾ・クラマー)やWim Rietvelt(ウィム・リートフェルト)を彷彿とさせるコンパス脚が特徴的です。1脚ずつ単体でも使え、横に連結すればベンチになる機能的な一脚。

「ダニッシュスクールチェア」は、1970年代にデンマークのハイスクールで使われていました。北欧らしい柔らかなカラーリングが特徴で、座面が広くゆったりとした座り心地です。カンチレバーを採用したきれいなフォルムの椅子です。

Cees Braakman(ケース・ブラークマン)がデザインした、オランダ・PASTOE(パストー)の「EU01デスク」。

オランダ・GISPEN(ギスペン)の「オフィスデスク」。

METROCS VINTAGE FAIR(メトロクスヴィンテージフェア)

会期:2016年3月19日(土)~4月30日(土) 12:00~18:00(土曜日~19:00) ※水曜日、木曜日、日曜日、祝日定休

会場:METROCS(メトロクス) 東京店

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

アンティークと桜を愛でる蚤の市「福岡ブロカンテ」が初開催
”デッドストック”や”訳あり品”にスポットを当てたマーケット「HOLIDAY MARKET」オープン
古きよきモノを再発見、北九州市で「門司港 古物・骨董市」初開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP