ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

長時間の読書でも”文字が読みやすい”にこだわったYAMAGIWA渾身のタスクライト「Rebio」登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
yamagiwa-Rebio_00

名作「バイオライト」の光の遺伝子を継承

YAMAGIWA(ヤマギワ)から、長時間の読書でも文字が読みやすいLED照明スタンド「Rebio(レビオ)」が登場しています。

Rebioは、YAMAGIWAが開発したタスクライトの名作「バイオライト」の意志を受け継ぎ、長時間の読書でも目が疲れにくいことを追求し開発されたタスクライト。「北米照明学会優秀照明賞(Award of Merit)」など数々の受賞歴を持つ東京工業大学・中村芳樹准教授の知識と、YAMAGIWAのLED開発技術を融合させ、「文字が読みやすい光」をLED光源で再現しています。

Rebioの特徴は、紫色LEDの特徴を活かし背景の紙が白く感じられるように開発した光源にあります。紫色LEDを使用することでブルーライト成分が約70%低減されており、長時間の視作業後も良好な睡眠をとることができます。また、色の再現性が高く対象物の本来の色を限りなく自然に再現します。

照明のトップブランド・YAMAGIWAが「文字が読みやすい」と自信を持ってリリースするRebio。ぜひ店頭でその実力をお試しください。

yamagiwa-Rebio_03

yamagiwa-Rebio_01 カラーは、ブラックとホワイトの2色展開。

Rebio_009 左:Rebio/右:一般的なLEDライト

Rebioは、複数のLED素子を1つのパッケージにしたLED光源を採用しているため不快な多重影が発生しません。影が一つなので、何冊も本を広げて行う作業や手元で行う細かい作業がしやすい環境を作り出します。

Rebio_010 左:Rebio/右:一般的なLEDライト

「紫色LEDの特徴を活かし紙が白く感じられる光源を開発。青色LEDと比較して高いコントラストを実現し、小さな文字をラクに読むことができます。

yamagiwa-Rebio_08

わずかな力でスムーズに動くアーム可動範囲は、幅985mm × 高さ830mm、灯具は270度回転可能です。明るさは100%、50%、10%に調整可能な3段階調光スイッチを搭載。設定していた明るさを記憶し、次に点灯する際にも前回の明るさで点灯できる「調光記憶機能」も搭載されています。

yamagiwa-Rebio_02

Rebio(レビオ)

価格:基本タイブ(クランブ付):3万5000円(税抜)

専用ベース(別売):6700円(税抜)

光源:LED11Wタイブ×1 (色温度:3000K)

サイズ:W(max)1010 × D140 × H(max)830 mm

質量:0.9kg

ベースサイズ:φ210 × H54 mm

素材:鋼、樹脂、塗装仕上

備考:3段階調光(100/50/10%)タッチスイッチ付、調光記憶機能付、ACアダブター付

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

全て1点モノ! ケイタマルヤマ × ロイズ・アンティークスのコラボ品を展示販売
「NEW WORK STYLE展」と「Artek創業80周年特別巡回展」、リビング・モティーフにて同時開催
名作がnendoにより進化! ルイスポールセンの新作「NJP テーブル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。