ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この春、身も心もハッピーになるために「捨てるもの」と「身につけるもの」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するんだそう。

Little Things」ライターAngel Chang氏のリストを参考に、まずはあなたがこの春「捨てるべきもの」から見ていきましょう。

01.
ネガティブ思考が止まらない
「散らかった部屋」

自分が思い描く理想の「生活空間」、「仕事スペース」に現実を照らし合わせてみると、おや?現実のほうがよっぽど散らかっていたりして。

よく言われることですが、身の回りが散乱している状態でいると、人間はネガティブな思考に陥りやすいそう。散らかったなかで生活していると、明快な判断力が鈍ってクリエイティブな考え方も生まれません。

部屋の整理は小まめにしましょう。棚、キャビネット、押入れを少しずつ片付けて、もう使わないようなものはすべて捨てる!さらには、カテゴリー別に分類したりラベルを貼っておくと、モノの在りどころにすぐ辿り着くこともできるでしょう。

02.
どうせ自分には…
「自分に対する不信感」

自分にはできるはずがない…。何かしたいことがあっても、無意識のうちにこんな考えが頭の中をよぎってはいませんか?これこそネガティブ思考。この春を機に、否定的な自分とは決別しましょう!それが、自分の挑戦の前に立ちふさがる壁となっているのであれば、尚更のこと。

ただ闇雲に否定的になっているより、自信のなさがどこからきていて、なぜそう感じてしまうのか?それを真剣に考えることです。理由さえ解剖できれば、また違った角度から状況を変えることだってできるはず。

それが物理的に難しいというのであれば、どう自分のゴールに向かって動き続けるか?時系列に沿った計画を立ててみましょう。「自信のなさ」を解消するには、少しずつその不安と戦っていきながら、自信を積み上げることです。

03.
なかなか止められない
「悪い癖」

自分の成長を邪魔するような、悪い癖や生活習慣に身を浸してはいませんか?タバコ、アルコールの過剰摂取や乱れた食習慣、テレビやパソコンの見過ぎなど。あなたが前進しようとするとき、その足を引っ張る要因が何なのかを探ってみましょう。

そして、“悪い癖”を見つけ出したら、次はそれを断つための明確なプランを立てること。自分で実現できる計画でなければ意味がありませんよ。少しずつ悪癖から手を引いていく。これが、必ずや大きな推進力を生むはずです。

04.
憂鬱な気持ちになる
「悲しいニュース」

テレビをつけても、インターネットを開いても、はたまた雑誌や新聞を読んだって、日々どこかしらで事件、事故、胸を打つニュースを目にする私たちの生活です。それって、自分ではどうしようもないことではあるけど、あまりに衝撃的なニュースばかり目にしていては、憂鬱な気分で沈んでしまう。

だから、たまにはこうしたメディアから距離をおき、心を軽くしてくれるような体験をして、しっかり休息時間を取りましょう。

05.
じつは、ただの苦手意識かも
「不安」

誰だって不安になることはあります。けれど、ときには自分の居心地のいい環境から一歩離れることも必要です。自分を不安にさせるものはなんだろう?その不安を自分で探りながら、少しづつ解消していく経験は、じつはとっても大事なこと。
もちろん全ての不安から逃れるのは難しいかもしれないけれど、苦手な場面に直面したとき、うまく対処できる方法を知っておくだけで、苦手意識を払拭することもできるのです。

興味のあったワークショップ、通勤電車で気にあるあの人、何年も話していない、ちょっと遠縁の親族。あなたが一歩を踏み出すことで、思いがけない展開に発展することだってあるでしょ?

06.
自分をハッピーから遠ざける
「人間関係」

他人のことを見下すような人と一緒にいても、ちっとも楽しくなんてありません。これが、あなたのストレスになっているのであれば、その人間関係は健全とは言えません。少々キツい言い方をすれば、そういった友人とは春を機に、きれいさっぱり縁を切ってしまいましょう。

一緒にいることで落ち込んだり、楽しいはずの時間をめちゃくちゃにされたり、卑下するような人はすべての元凶になる可能性も。世の中には優しさをもち、愛情にあふれた人がたくさんいます。そんな素敵な人があなたとの出会いを待ちわびているのに、自分と合わない人間とばかり、時間を過ごすのはもったいない!

つづいて、今度はこの春あなたが「身につけるべきもの」を見ていきましょう。

【その1】
心の内側を書き出してみる
「感謝のキモチ」

あらゆる場面で、人生にはチャレンジがつきものです。障壁はどこにでも。だけど、そのどさくさに紛れて自分が感謝すべきものや人を見失なってしまうこともあり得ます。

この春は、自分が感謝したい人やモノをリストに書き出してみませんか?今まで考えてもみなかった発想が、リストに姿を表すかもしれませんよ。週に一度、月に一度だって構いません。ちょっと立ち止まって、自分をハッピーにさせてくれるものは何かを見つめ直してみましょう。

こうした時間を意図的につくるだけで、人生への感謝が自然と生まれてくるはずです。

【その2】
ときには大胆な発想力で
「創作活動」

絵を描く?歌う?ダンスする?そんなのムリ、ムリ!

直感でそう思ってしまったあなた。クリエイティブでいることは、実際誰にでもできるのです。必要なのは練習を重ねるスペースと想像を膨らます力。誰もが秘めているものです。そして、肝心なことは自分を批判しないこと。自分を他人と比較しないこと。自分が「楽しい!」と思えることに集中して、それを邪魔する考えは一旦横に追いやって。

自分のペースで行けば大丈夫。自分をハッピーにしてくれる分だけのクリエティビティを毎日に注入してみませんか?

【その3】
野菜と果物をバランスよく
「体がよろこぶ食習慣」

なにも「ダイエットせよ」と言っている訳ではありません。食事を抜くダイエットよりも、体がよろこぶ食習慣に切り替えることです。

たとえばビーツ、セロリ、シトラスフルーツ、りんご、そして緑黄色野菜。腸をきれいにしてくれる酵素作用がぎっしり詰まっています。これらの食材を上手に食生活に取り入れて、健康管理をしていきましょう。

【その4】
このタイミングで振り返る
「今年の目標」

年頭に決めた「抱負」、改めて言えますか?そういえば…長々と書き起こしたあの紙もいつの間にかどこかへ紛れ、自分の目標まで迷子になってしまったり。

でも、諦めるにはまだ早い!今一度、自分の目標を振り返ってみましょう。たまにはダラけたっていいんです。いちいち自分を責めていても仕方ありません。
自分の目標をつねに心に留めておくだけで、ビックリするほど毎日の生き方が変わっていくものですよ。

【その5】
心をハッピーで満たしてくれる
「新たな出会い」

何年も会っていなかった親友との時間を作ったり、新しい出会いを求めて出かけたり。心をハッピーで満たしてくれる、人間関係を育むのには持ってこいのシーズン。それが春です。

友情でも恋愛でも、あなたをあなたらしく輝かせてくれる人との時間を増やしましょう。もちろん、家族に対しても同じ。何年も会っていない親戚たちと再会するなら今がチャンスです。

Licensed material used with permission by Little Things

関連記事リンク(外部サイト)

結婚前に、男性としてこれだけは「経験しておくべき」こと6つ
トップCAが教える、「さりげない接遇」の8つのヒント
少ないお金で、豊かに暮らせる「世界の7都市」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP