体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大相撲ふんどしアイドル戦略!入場者50万人増加

国技館

2016年3月の大相撲もいよいよ佳境になってきました。

注目の日本出身力士10年ぶりの幕内優勝を果たした琴奨菊の綱取りは、残念ながら絶望的になりましたが、稀勢の里が迫力のある相撲をみせてくれるなど盛り上がっています。

大相撲は”今”90年代若貴ブーム以来の人気といわれ、当時の最高年間入場者数84万人に迫る勢い。去年はなんと76万人でした。

思えば2007年に部屋での暴行事件、更に野球賭博や八百長問題などの不祥事が相次いだため人気が低迷、5年前には30万人にまで落ち込みました。

そもそも相撲協会は運営を引退した元力士たちが行っています。言っちゃなんですがかなり閉鎖的。

ところが度重なる不祥事で人気がドン底に落ちた際、協会も危機感を覚え、相撲とは関係ない外部(大学教授、公認会計士、東京地検特捜部の方~etc)から、時代に合った興業、サービス等のアドバイスを求め人気回復に努めました。

例えば、雑誌で相撲好きの女性タレントを表紙に用いたことがきっかけで相撲女子【スー女(スージョ)】が急増。テレビ番組にも力士の露出を増やしたように感じます。雑誌の表紙vikka (ヴィッカ)
Fujisan.co.jpより

ホームページやSNSで色々な情報を公開しPRすると、若いファンから親しみを持たれるようにもなり、また本場所の動画配信や、力士を育てるソーシャルゲーム【大相撲決戦】も人気。

また、本場所のポスターにもひと工夫。以前はこのように、力士をしっかり写していたのに対し…画像説明出典元 http://ameblo.jp/tossy1101/

 

数年前から、一言のフレーズが印象に残るタイプに変更

 

0323sumou03 0323sumou02 0323sumou04 

出典 日本相撲協会

 

ファンの間では、この力士は誰なんだろう?とSNSでいつも話題になるそうです。

 

AKBもびっくりのプレゼントつきチケットも!

 

『朝稽古の見学付きチケット』

『赤ちゃん抱っこ付きチケット』

『ちゃんこ一杯プレゼントチケット』

『升席チケット購入で力士or親方と記念撮影』

 

など、実際にファンと力士が触れ合える企画は大好評なのだそうです。

 

いろいろなメディアで力士を目にする機会が増え、身近に感じられるようになったことから、生で大相撲を見てみたいという新規ファンが増えた、というのが入場者数回復の経緯だと思われます。

 

大相撲会場でのファンサービスに工夫

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会