ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛美/伊藤彩沙出演『劇場版ミルキィホームズ』フェザーズ生コメンタリー上映会開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月18日に新宿バルト9で『劇場版ミルキィホームズ』生コメンタリー上映会が開催された。

 2010年に第1期『探偵オペラ ミルキィホームズ』が放映開始し、2015年1月~3月には『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』が放映された人気アニメ『ミルキィホームズ』。同シリーズ最新作『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~』が絶賛公開中だ。

 3月18日、フェザーズを演じた声優の愛美と伊藤彩沙による【フェザーズと一緒に鑑賞!「劇場版ミルキィホームズ」生コメンタリー上映!】が開催され、ファンとフェザーズが一体となり、笑い声や拍手の絶えない賑やかな上映会となった。

 生コメンタリー上映会には、フェザーズの常盤カズミ役・愛美と、明神川アリス役・伊藤彩沙が登壇。フェザーズ単独としてのイベントとしては約2年ぶりだと語り、愛美は「ドキドキわくわくしています。映像の音が聞こえなくてもクレームは受け付けません」と笑いを誘うと、伊藤の「盛り上がってますかー?」の掛け声に会場を埋め尽くしたファンから大声援が鳴り響き、上映前から場内は早くも大盛り上がりを見せた。

 フェザーズも一般のお客さんに混じり、ポップコーンを食べながらの上映がスタート。伊藤が「ミルキィホームズは土地の勉強にもなるんです」と偵都ヨコハマを舞台とした作品の魅力を解説。普通の上映とは違い、映画を観ながら出演者がコメントしてくれるとあって、笑い声や掛け声、“七転八倒“のコールが起こったり、歌を歌ったりと、終始賑やかであった。

 また、「小衣ちゃん演じる南條さんのアドリブがめっちゃあった」などアフレコの裏話も披露。上映中一番の盛り上がりを見せたのは、やはりフェザーズの登場シーン。中でも終盤のミルキィホームズがピンチの場面で、フェザーズが登場するシーンは割れんばかりの歓声が起こり、「私たちの声が全然聞こえなかったじゃん(笑)」とふたりが不満をこぼす場面も。最後は主題歌をみんなで大合唱し、生コメンタリー上映会は大盛況のうちに終了した。

 上映終了後、再びステージに登壇したフェザーズ。愛美は「笑うところが人それぞれ違ってて、私だけ笑っているところがあった。」とぼやき、伊藤は「みんなで一緒に家で観てるみたいな感覚があって、とても新鮮で面白かった」と、生コメンタリー上映でしか味わえない体験に大満足の様子。

 今回、2年ぶりの単独ステージという事で2016年の豊富を聞かれると、愛美は「2人がメインの映画を作ってほしい。実写化でもいい!あと、ミルキィホームズがアルバムを出したので私たちも出したい!“総天然色(フルカラー)”に対抗して、“モノクロ”というタイトルで(笑)」と意欲を見せ、伊藤は「王道のライブがしたい。二人の成長を見てほしい」と今後のフェザーズの活躍に自信をのぞかせた。さらに、今回はフェザーズから特別にサイン入りミニポスターが抽選で5名にプレゼントされた。

 最後に、集まったファンに向け、伊藤は「映画を観ながらみなさんと笑ったり、声を出したり、歌ったりでライブみたいでとても楽しめました」とファンと一緒に楽しめた様子で、愛美は「これぞミルキィというギャグが詰まっていると思います。フェザーズもあんないいシーンで活躍できて良かったです。久しぶりにみんなのミルキィ愛を感じることができました」と、フェザーズにとっても大満足のイベントは締めくくられた。

◎劇場版『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~』
全国にて公開中
製作総指揮・原案:木谷高明、原作:ブシロード・クロノギアクリエイティヴ、総監督:森脇真琴、監督:桜井弘明
脚本:ふでやすかずゆき、キャラクター原案:たにはらなつき・うさはらゆめ、キャラクターデザイン:沼田誠也・野田康行
音楽:Elements Garden、アニメーション制作:J.C.STAFF、配給:ポニーキャニオン/ブシロードミュージック
(c)劇場版ミルキィホームズ製作委員会、(c)HiBiKi
出演:シャーロック・シェリンフォード(三森すずこ)、譲崎ネロ(徳井青空)、エルキュール・バートン(佐々木未来)、コーデリア・グラウカ(橘田いずみ)

関連記事リンク(外部サイト)

ニコ生『電波諜報局』大橋彩香/奥井雅美/ミルキィホームズから三森すずこ/佐々木未来/橘田いずみ出演決定
先週発売のサザンにあゆ、miwa、三森すずこ……、激戦のビルボード週間チャートを制したのは福山雅治
livetune 専門学校HALのCMソングのボーカルは三森すずこ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。