ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『おそ松さん』EDとアジカン「Re:Re:」がアニメチャートでトップ激戦!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 社会現象化しつつある人気アニメ『おそ松さん』のエンディング曲「SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~」と、同じく今期人気を博す『僕だけがいない街』のオープニング曲であるASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」。この人気2曲が同時リリースされた今週のビルボードアニメチャート。その頂上対決は『おそ松さん』に軍配が上がった。

 「SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~」は『おそ松さん』第1クールの「SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~」の続編的作品。メインボーカルはアニメのヒロインである“トト子”のクレジットとなる。同曲はCDセールスで圧倒的なポイント差を獲得。アジカン「Re:Re:」はデジタルセールスで「SIX SHAME FACES~」を破ったものの、このフィジカル・ポイントの差を覆せず2位に終わった。『おそ松さん』関連曲は今週、2クール分のオープニングとエンディング曲が20位以内にチャートインしており、改めてその強さが浮き彫りになっている。

 アジカン「Re:Re:」は前述のデジタルセールス1位に加え、ラジオでも2位、さらにルックアップ2位、Twitter 2位という安定したポイントを獲得。また、上記2曲と同じく3月16日リリースの下野紘「リアル-REAL-」は、CDセールスで「SIX SHAME FACES~」に続く2位、さらにTwitterで圧倒的な首位を獲得しており、コアファンの存在感が目立った。

 『おそ松さん』関連曲、そして秦基博「ひまわりの約束」のような定番ヒットを除き、10週以上のロングヒットとなっているのはflumpool「夜は眠れるかい?」(『亜人』オープニング)のみ。既に大ヒットしている曲を除くと、アニメチャートがどのような状況になっているのか。時折、気にしてみるのも興味深いかも知れない。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~」トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(遠藤綾、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
2位「Re:Re:」ASIAN KUNG-FU GENERATION
3位「リアル-REAL-」下野紘
4位「Survivor」BLUE ENCOUNT
5位「FLY HIGH!!」BURNOUT SYNDROMES
6位「全力バタンキュー」A応P
7位「MOMENT RING」μ’s
8位「ひまわりの約束」秦基博
9位「空へ」山崎まさよし
10位「夜は眠れるかい?」flumpool

関連記事リンク(外部サイト)

3月28日付 Billboard JAPAN HOT Animation
キスマイ「Gravity」初週21万枚を売り上げ、防弾少年団を押さえてビルボード総合首位獲得
いきものがかり、10周年記念ベストが完全制覇で首位!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP