ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬太りをリセットして春bodyを手に入れよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウキウキする気分を抑えられない春がやってきます。冬と比べて露出が多くなるこの季節、今のうちに冬の間に溜まってしまった脂肪をリセットしましょう。ここではムリなく脂肪を減らす食事法をご紹介します。

その1:活性酸素を減らす抗酸化食品を使う!

冬太りしちゃったというアナタは、冬に糖質や脂質の多い食事を取りすぎたのではないですか? 糖質や脂質の多い食事は、体内の活性酸素を増やしてしまいます。その結果、代謝が落ちて太りやすい体になってしまうのです。体内の活性酸素を減らす抗酸化力の高い栄養素は、ビタミンCやビタミンE、リコピンなどです。また、フキノトウ、菜の花、タケノコなど苦みのある春野菜には、ポリフェノールが多く含まれていて活性酸素を減らす働きをします。季節感あふれる春野菜を食べるのも効果的ですよ。

その2:代謝をアップするにはタンパク質も必要

痩せたいからといって葉物野菜のサラダばかり食べていませんか? もちろん野菜はビタミンや酵素を摂取するために必要ですが、野菜ばっかり食べていると体が冷えて代謝はアップしません。代謝をアップして、溜まった脂肪をリセットするためはタンパク質も食べるようにしましょう。肉や魚、大豆製品などがタンパク質の豊富な食品です。おススメは鳥ムネ肉。低カロリーでタンパク質が豊富です。もちろん魚や大豆製品は良質なタンパク質が豊富なので、積極的に食べましょう。

その3:食物繊維は水溶性を中心に摂る!

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類がありますが、冬太りの解消を狙うなら水溶性食物繊維を積極的に食べましょう。水溶性食物繊維は、水に溶けてゲル状になり胃の中の糖質を包み込んで排出する働きがあります。糖分の取りすぎは、もちろん脂肪の蓄積のもと。食物繊維がすでに溜まった脂肪を吸収するわけではありませんが、今日食べた糖質がそのまま排出されれば、体はすでに蓄積した脂肪を燃焼させるので、結果的に冬太りが解消されるのです。

冬太りを解消するには、体をリセットする必要があります。痩せたいからといって、単に食事の量を減らしたり、サラダだけだべるのではなく、リセットできる食材を工夫して、春の体を作ってくださいね!

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP