ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐野元春、音楽的冒険を繰り返して進化を遂げた90年代のアルバム6タイトルをリイシュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

佐野元春が90年代に発表したオリジナルアルバム6作品がニューリマスタリング/高品質Blu-spec CD2仕様で復刻し、3月23日にリリースされた。

80年代初頭に「サムデイ」や「ガラスのジェネレーション」といった楽曲を次々に発表、それまでの邦楽の価値観を覆し、一躍時代のカリスマとなった佐野元春。しかし、ソングライターとしての彼の真価は、むしろ90年代にこそあると言っていいだろう。リリースしたアルバムのトータルセールスは100万枚超と、80年代のアルバムと何ら遜色ない実績を挙げている。そして80年代以上にさまざまな音楽的冒険を繰り返し、さらなる進化を遂げたのも紛れもない事実だ。

今回リリースされるのは『タイム・アウト!』(1990年)、『スウィート16』(1992年)、『ザ・サークル』(1993年)、『フルーツ』(1996年)、『ザ・バーン』(1997年)、『ストーンズ・アンド・エッグス』(1999年)の全6作品。90年代、言葉とビートを高い次元で昇華させ、文学的な世界観に深くシフトしていった佐野元春。今回再リリースされるこれら6作品には、今も心を揺さぶる名曲の数々が収められている。ようやく彼の90年代が深く語られる時が訪れた。

なお、今回のリイシューにあたっては、名匠テッド・ジェンセンによる最新リマスタリング音源を使用。さらに立体感と奥行きが増した音質で、新旧ファンにとって、どのアルバムも新たな発見に満ちた素晴らしい仕上がりになっている。商品の詳細はソニーミュージックOTONANO内の佐野元春スペシャルサイトでご確認いただきたい。

■ソニーミュージック 佐野元春 スペシャルサイト

http://www.110107.com/moto_albums

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP